あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
ブルーグラス・ランブルを..
by ご無沙汰しています at 21:12
ノーマン・ブレイクのD-..
by kazalisaleo at 01:10
同感です。 ノーマン・..
by kazalisaleo at 23:57
はじめまして この..
by 夏の雲 at 18:34
"Christmas T..
by Chie at 01:03
お褒めのお言葉、どうも、..
by kazalisaleo at 20:27
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

クイズ

小1の息子が学校から作品を入れて持ち
帰ったオリジナル・デザインのバッグ。

e0103024_1291479.jpg

何の絵か、お分りになりますか?
by kazalisaleo | 2010-03-31 12:10 | ひとり言 | Comments(4)

春、休み

昨夜は、冬に逆戻り。
夜には、雪がちらつきました。
開花した桜の花もきっと驚いているでしょう。

春休みになって、子供たちの姿をよく
目にします。
小1の息子が学校から持ち帰った図画
を見せてくれました。

e0103024_13244662.jpg

作者によると、「虹の上でサッカーをして
いる光景」ということです。

冷静に見れば分かるのですが、いつの間
にかこういう発想ができなくなってしまった
自分に気づかされます。
by kazalisaleo | 2010-03-30 13:27 | ひとり言 | Comments(5)

けもの道

目神山の小川の山側には自然豊かな北山国有林
があります。
小川の流れを見ていると、久しぶりに足を延ばして
みることにしました。

e0103024_1441977.jpg

川を越えるのにまだ抵抗のあるアルフィーにも小川
を越えさせて、北山のけもの道を少し歩いてみました。

そこは、木の葉の絨毯にイノシシの足跡があり、シダ
が生え、紫のヤマツツジが咲き、太陽の光もまばらに
射し込むところ。

静かに春を楽しんでいます。
by kazalisaleo | 2010-03-28 14:43 | ひとり言 | Comments(4)

困惑

所用で、4月18日(日)に「アメリカン・ミュージック・
ジャーニー in 酒蔵」が開催される神戸酒心館に
行ってきました。

e0103024_0124420.jpg

冷たい空気のなか、中庭で満開の枝垂桜も季節
外れの寒さに困惑しているようでした。

お花見の頃には暖かくなってほしいものです。
by kazalisaleo | 2010-03-27 00:13 | ひとり言 | Comments(0)

今夜のソロ・ライヴの最後のセットの選曲中に、
歌詞カードが1枚、床に落ちてしまいました。

ソロ・ライヴでは、ゆったりストゥールに
座っての演奏なので、あえてその歌詞を
拾わずにライヴを続行しました。

e0103024_025356.jpg

どの曲が床に落ちたのか分からずに、ライヴ
は無事に終了しました。

その曲とは、今夜は縁がなかったということで...
by kazalisaleo | 2010-03-26 00:07 | ひとり言 | Comments(2)

長雨

それにしてもよく降ります。
昨日からずっと...

e0103024_12175919.jpg

昨夜はラジオで「雨の歌」を特集しましたが、今夜の
フォートワースのライヴでも「雨の歌」になりそうです。

夕方には、上がると思いますが...
by kazalisaleo | 2010-03-25 12:19 | ひとり言 | Comments(1)

テーマは雨

雨で墨絵のようになった北山を見ながら、
明日のさくらFMの選曲をしていると、
自然にテーマが決まりました。

e0103024_17395568.jpg

明日の「ミュージック・ジャーニー」(78.7MHz)
のテーマは、「雨」でいきたいと思います。

可聴範囲が限られているのが残念ですが、
圏内の方は、是非、お聴きください。
by kazalisaleo | 2010-03-23 16:51 | ひとり言 | Comments(2)

共通点

「ブルーグラス・ランブル Vol. 128」では、ランディー・
コットンと私のバンジョー2本で数曲、お楽しみいただ
きました。

ランディーのNeat Banjoと、私のOsborne Chief
Banjo。
マホガニー材仕様のNeatと、カーリー・メイプル材
仕様のChief。
ニッケル仕様のNeatと、ゴールド仕様のChief。
プレイヤーごとに異なる音色のバンジョー。

e0103024_23425272.jpg

異なる点が多い私たちのバンジョーですが、これら
2本のバンジョーを製作したのは、ケンタッキーの
バンジョー・ビルダー、フランク・ニート。

昨日は、久しぶりにフランク・ニートのバンジョーの
再会となりました。
by kazalisaleo | 2010-03-22 00:01 | ひとり言 | Comments(0)

3月の風

昨日は、黄砂が舞い、夜には豪雨と暴風の荒れた一日
でした。

e0103024_7501432.jpg

今朝は、関西は雨も風もおさまり、春の霞に覆われて
います。

今日の午後は、ブルーグラス・ランブルのライヴです。

「3月の風」というカーター・ファミリーの曲も歌いたいと
思います。
by kazalisaleo | 2010-03-21 07:53 | ひとり言 | Comments(0)

音楽観賞

久しぶりに昨夜は、部屋の照明を落とし、パソコン
で音楽DVDをゆっくり観賞しました。
ヘッドホンで聴くと、音質も良く、臨場感が出ます。

e0103024_16563884.jpg

それぞれのミュージシャンやアーティストの歌い方
や身のこなし、とても勉強になります。

冷え込みが緩み、春を感じた夜でした。
by kazalisaleo | 2010-03-20 17:02 | ひとり言 | Comments(2)