あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
今年のゲイラックス・フィ..
by kazalisaleo at 22:41
いつも番組をお聴きいただ..
by kazalisaleo at 23:05
カントリー、ブルーグラス..
by 平太 at 23:19
メッセージ、どうも有難う..
by kazalisaleo at 06:58
お誕生日おめでとうござい..
by けんつく at 06:50
ありがとうございました!..
by 今村 at 22:42
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Quite A Sight

ナッシュヴィル滞在3日目の午後、所謂、「観光」に出かけました。

ナッシュヴィルの郊外にある第7代大統領、アンドリュー・ジャクソン
(1767-1845)の邸宅、ザ・ハーミテイジを訪れました。

e0103024_0181090.jpg

摂氏30度を越す暑さの中、緑で美しいプランテーションの邸宅や
ログ・ハウス、家族墓地などをゆったり見て回りました。

夜は、ライマン公会堂で開催されたグランド・オール・オープリー、
その後のステーション・インでは、デヴィッド・ピーターソン&1946
を楽しみました。
by kazalisaleo | 2010-05-31 23:57 | ひとり言 | Comments(0)

Back In Business

ナッシュヴィルに来ると夜のライヴハウス巡りでホテル
に帰るのが午前0時を回ってしまいます。
夜の行程がほとんどなかったアラバマでのペースとは、
かなり違ってきます。

e0103024_23384950.jpg

昨日、ブロードウェーを歩きながら、4週間前に起こった
ナッシュヴィル洪水で決壊したカンバーランド川まで足を
延ばしました。

カンバーランド川を見る限り、歴史的な洪水が起こった
とは分かりません。

被害の出たファーストヤセカンド・アベニューのお店も、
ほとんどが復活して営業しています。
人々の活力に驚かされます。

ナッシュヴィル観光の最終日、大いに楽しんできたいと
思います。
by kazalisaleo | 2010-05-29 23:42 | ひとり言 | Comments(0)

Nashville Bound

今朝、午前9時半ごろ、アラバマ州モントゴメリーを
レンタカーで出発し、インターステイト65号線をひた
すら北上すること4時間余り、280マイル(約450キロ
メートル)離れたテネシー州ナッシュヴィルへの移動日
となりました。

e0103024_15493366.jpg

今回、私たちの「足」となってくれているのは、クライスラー
のタウン&カントリーというミニ・ヴァンで、スマートキー
の操作で、両サイドのスライド・ドアやリア・ハッチが開く
優れものです。

あと数日間、私たちを安全に目的地まで送り届けて
もらいたいと切に願っています。
by kazalisaleo | 2010-05-28 15:50 | ひとり言 | Comments(0)

Beyond The Sunset

ハンク・ウイリアムズ博物館のマネージャー、ベス
さんの先導でモントゴメリーの北東約1時間ほど
走ったところにあるアラバマ州最大の湖、マーティン
湖を訪れました。

コウライジャと呼ばれる入り江のキャビンで、1952年
にハンクが"Kaw Liga"や"Your Cheatin' Heart"
を書いたと言われています。

e0103024_131251.jpg

湖に面したシンクレアズ・コウライジャ・レストランで、
ジェフとベス夫妻といっしょに夕食を楽しみました。

ハンクも見たであろうマーティン湖に沈む太陽を
眺めながら、三日間のアラバマの思いf出を味わい
ました。

道路標識が極端に少ないアラバマの田舎道、ジェフ
とベスと別れた後の我々の帰路には予想外の物語
も用意されていました...
by kazalisaleo | 2010-05-27 13:04 | ひとり言 | Comments(0)

Old town, old pals

晴天に恵まれたアラバマでの三日目、19世紀
の南部の建物を移築した「オールド・アラバマ・
タウン」を訪れました。

南部のプランテーション・ハウス、製綿所、教会、
学校、ログハウスなどがモントゴメリーの町に
溶け込んでいます。

きつい陽射しを避けて、木陰に入ると、心地よい
南部のそよ風が癒してくれます。

e0103024_5425866.jpg

今回の旅で、以前に出会った何人かの友人に
再会し、旧交を温めることができたことは何より
嬉しい収穫です。

今日の午後は、ハンク・ウイリアムズ博物館の
マネージャー、ベスさんご夫妻と共にマーティン湖
へドライヴに出かけます。
by kazalisaleo | 2010-05-27 05:51 | ひとり言 | Comments(0)

Hank, Hank, Hank!

モントゴメリー滞在二日目は、まずハンク・ウイリアムズ
博物館からスタートし、ハンクの葬儀が行われた市役所
と銅像、そして、ハンクとオードリーが眠るオークウッド
墓地を訪れました。

e0103024_21263650.jpg

車で南へ約1時間離れたジョージアナにあるハンク・
ウイリアムズ少年期博物館を訪れ、そして、今回初めて
ハンクの生地、マウント・オリーヴへ足を伸ばしました。

移動中の車の中では、ipodでハンクを聴きながら、
ハンクにドップリの一日でした。
by kazalisaleo | 2010-05-26 13:39 | ひとり言 | Comments(2)

Alabama Moon

大雨警報が発令された兵庫を出て、関西空港、成田空港、そして、
アトランタ空港を経由して、無事に本日の目的地、アラバマ州モント
ゴメリーに到着しました。

すでに夏日を思わせる強い陽射しと湿度の高い南部の空気が、
私たちを出迎えてくれました。

e0103024_12484797.jpg

夜空を見上げるとアラバマの月が天高く輝いています。

明日からハンク・ウイリアムズの軌跡を辿ります。

さて、今回は、どんな旅になるのやら...
by kazalisaleo | 2010-05-25 12:51 | ひとり言 | Comments(3)

やきとりブラザーズ

サンセット・ドライヴの大阪公演終了後、
小雨が降る中、千日前の小さな焼き鳥屋で、
マロ、テリーとゆったりとした時間を過ごし
ました。

外人アーティストでは珍しく、テリーには
夜遅くまでお付き合いいただきました。

e0103024_12211967.jpg

1970年代後半、リッキー・スキャッグス率いる
ブーン・クリークで衝撃的なタイミングのバンジョー
を披露し、現在のコンテンポラリー・バンジョー・
スタイルを確立し、1980年代には、ドイル・
ローソン&クイックシルヴァーでブルーグラス・
ゴスペルにおけるベース・ヴォーカルに再び
脚光を浴びせたテリー・バウコム。

今回の来日公演でも、その歯切れの良いバンジョー
を大いに楽しませていただきました。

また、何より彼と短い間ではありましたが、
知り合えたことはとても有意義なことでした。

マロとは、また、ゆっくりとギターでも弾き
ながら話したいものです。

ジャパン・ツアー、お疲れさまでした!
by kazalisaleo | 2010-05-23 12:27 | ひとり言 | Comments(2)

京都にて

サンセット・ドライヴの京都公演に行ってきました。
久しぶりにお邪魔する北山のホンキートンク。

e0103024_26184.jpg

迷うかなという不安感もありましたが、懐かしい
看板が目につき、乗馬クラブと隣接する懐かしい
ホンキートンクに無事に到着することができました。

e0103024_262134.jpg

満員御礼の店内、第1部はステージに近い
カウンター席でかぶりつきで楽しませていた
だきました。

e0103024_264096.jpg

そして、第2部で、大阪公演と同じ歌、2曲をゲスト
で歌わせていただきました。

今夜も、皆で楽しく音楽ができて良い思い出に
なりました。
(Maro, thank you for having me again!)

明日の東京でのサンセット・ドライヴの最終公演、
盛況をお祈りしています。

そして、また来年、楽しみにしています!
by kazalisaleo | 2010-05-23 02:15 | ひとり言 | Comments(2)

旅のお供

月曜日から出発するアメリカ旅行にむけて、
娘のipodを借りて飛行機に乗り込もうと
思います。

お気に入りの音楽を取り込んで、長い退屈な
フライトを少しでも心地よいものにしたいと
思います。

e0103024_1311566.jpg

学生時代、カセット・ウォークマンを通学の
電車の中で聴いていた思い出があります。

さて、このipodが長時間のフライトを快適な
ものにしてくれるでしょうか?
by kazalisaleo | 2010-05-22 13:11 | ひとり言 | Comments(3)