あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
ブルーグラス・ランブルを..
by ご無沙汰しています at 21:12
ノーマン・ブレイクのD-..
by kazalisaleo at 01:10
同感です。 ノーマン・..
by kazalisaleo at 23:57
はじめまして この..
by 夏の雲 at 18:34
"Christmas T..
by Chie at 01:03
お褒めのお言葉、どうも、..
by kazalisaleo at 20:27
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

赤いバラ

先日のフォートワースでのソロ・ライヴで、スティーヴン・フォスター
の"Ah, May The Red Rose Live Always"を歌いました。

e0103024_1261658.jpg

「綺麗な赤いバラにはいつも咲いていて欲しいけれど
どうして美しいものは死に絶えるのだろうか」

1850年、フォスター24歳の時の作品で、美しい旋律のなかに
悲しい歌詞が綴られています。



このような歌に多く出会えて幸せです。
by kazalisaleo | 2010-08-30 23:59 | ひとり言 | Comments(0)

新たなアンサンブル

芦屋・レフトアローンでの「稲葉和裕&山本佳史 デュオ
ライヴ」が、いよいよ今週の金曜日に迫りました。

e0103024_11255997.jpg

昨年の神戸酒心館でのコンサート、そして、今年のフォート
ワース・ジャンボリーと繋がり、今回は、ライヴということで
じっくり、たっぷり稲葉&山本の世界をお楽しみいただきます。

今までとは違う新たなアンサンブルにご期待ください。

ご予約はお早めに、レフトアローン(0797-22-0171)まで!
by kazalisaleo | 2010-08-30 11:27 | ひとり言 | Comments(0)

ユニフォーム姿 - On and Off

不思議なことに、チームのユニフォーム
を着るだけで、小2の息子が蝶凛々しく、
お兄ちゃんぽく見えるものです。

e0103024_225145.jpg

今日も炎天下のなか、昼過ぎから午後
5時までの練習に励んだようです。

e0103024_2253728.jpg

初めて、この野球チームに体験で入らせ
てもらった時は、異常に疲れたそうですが、
最近は,練習パターンが分かり、力の配分
もできるようになったようで、帰宅後も元気
に遊んでいます。

明日の日曜日も練習があるようですが、
付き合う親も大変です。
by kazalisaleo | 2010-08-28 22:08 | ひとり言 | Comments(2)

昼寝

ほとんど雨もなく連日、猛暑が続いています。

e0103024_10424367.jpg

外犬のメリッサは、相変わらずマイペースで
暮らしています。
暑い時は、昼寝に限るようです。
羨ましい...

蝉の声は、さすがにツクツクボウシに替わって
いますが、猛暑はいつまで続くことやら...
by kazalisaleo | 2010-08-28 10:44 | ひとり言 | Comments(0)

10回目のソロ・ライヴ

フォートワースでのソロ・ライヴも早いもので、今回で
10回目を迎えました。

お客様も歌い手もアットホームな空間での弾き語りに
慣れてきたような今日この頃です。

e0103024_023653.jpg

ソロ・ライヴでは、普段、バンドでは取り上げにくい歌も
自由に歌え、突然いただいくリクエストに応えるのも
スリルがあります。

e0103024_8352100.jpg

今夜のソロ・ライヴには、現役大学生(写真下左)と
彼の先輩(写真上左)に飛び入りゲスト出演をお願いして、
楽しいステージになりました。

e0103024_841055.jpg

できるだけ異なったユニットで、「稲葉ミュージック」
をお楽しみいただきたいと考えています。
by kazalisaleo | 2010-08-26 23:59 | ひとり言 | Comments(3)

ギターの達人

今夜のさくらFM「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」には、
久しぶりにゲストをお迎えしました。

今年のフォートワース・ジャンボリーでも共演していただいた
ジプシー・スイング・ジャズ・ギタリスト、山本佳史氏にスタジオ
にお越しいただき、スリルのある、楽しいライヴ、いや、番組に
なりました。

e0103024_23145445.jpg

山本氏の速弾きに火花が散ったと思えば、哀愁深いセンチメン
タルな空気が立ち込めます。

いっしょにギターを弾きながら、何が飛び出すかハラハラ、
ドキドキしながら歌わせていただきました。

ジャンル外のミュージシャンとのコラボレーションでのみ味わえる
至福の一時でした。
by kazalisaleo | 2010-08-25 23:15 | ひとり言 | Comments(8)

百説不如一食

数日前、梅田を歩いている時に懐かしい
屋号が目に入り、思い切って店に入りました。

e0103024_005946.jpg

お店は「揚子江ラーメン」の本店で、30年前、
梅田の東通商店街のチャーリー・ブラウンに
出ている時にその支店らしき店に数回行った
ことのあるラーメン屋で、大阪では老舗です。

当時、澄んであっさりした塩味のスープに
春菊がのっかったラーメンに衝撃を受けた
ことを覚えています。

大阪にも数店あるようですが、久しぶりに
懐かしい味を楽しみました。
いっしょに食した息子も大いに気に入った
ようです。

店の看板にこう書かれていました。

百説不如一食
by kazalisaleo | 2010-08-24 23:59 | ひとり言 | Comments(0)

各停の来ない駅

今日は、茨木市富田のレストラン、ラ・クニ
でのランチライヴでした。

珍しく電車移動ということで余裕も持って
1時間半前に自宅を出て、阪急電車で
十三駅から準急に乗って安心していると、
気がつけば富田を通り越して上牧駅まで
行ってしまいました。

上牧駅では冷房の効いた待合室に入って、
大阪方向に戻る「各停」を待つために次に
来た準急をあえてパス。
しかし、おかしな予感がしてきて、時刻表
を見ると案の定、上牧駅には各停が来ない
ことが判明しました。
自分の中の常識が見事に覆された瞬間
でした。

次の準急に乗り込み高槻駅で下車、そこ
から各停に乗り継いで、予定の20分遅れ
でお店に到着。

今日は、リハーサルなしで、コース・ランチ
をいただき、そして、ライヴへと続きました。

e0103024_2225479.jpg

名嘉常安氏の奏でるサンシンと、稲葉和裕
トリオとのコラボレーションは1曲だけでしたが、
なかなか面白かったです。

どちらも南部の音楽ですから...
by kazalisaleo | 2010-08-22 22:30 | ひとり言 | Comments(5)

球児の夏

甲子園球場での高校野球が閉幕しました。
酷暑の中での連日の熱闘で、チームがひとつ
になり、目標に向かって突き進む若者の姿に
感動を覚えます。

勝ち負けよりも、そこに至るまでの過程に
大切さを感じます。

e0103024_07628.jpg

そんな日の午後、ひとりの少年が期待に
胸を膨らませて野球チームのユニフォーム
を手にしました。

私もささやかな応援の意味で、同チーム
のキャップを購入しました。

思い返せば、私も小学生の頃は、いつも
野球帽を被っていました。

そして、当時の将来の夢は、野球選手に
なることでした。
by kazalisaleo | 2010-08-21 23:56 | ひとり言 | Comments(2)

ユリの出迎え

数日前は、玄関先の1~2本のユリが花を
咲かせていましたが、今朝はさらに多く
のユリが開花しています。

e0103024_10475016.jpg

今日も暑くなりそうな一日。
時折、花を見て涼しさを感じたいと思います。
by kazalisaleo | 2010-08-20 10:49 | ひとり言 | Comments(2)