あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
ブルーグラス・ランブルを..
by ご無沙汰しています at 21:12
ノーマン・ブレイクのD-..
by kazalisaleo at 01:10
同感です。 ノーマン・..
by kazalisaleo at 23:57
はじめまして この..
by 夏の雲 at 18:34
"Christmas T..
by Chie at 01:03
お褒めのお言葉、どうも、..
by kazalisaleo at 20:27
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

探し物

聴きたい時になかなか出てこず、どうでも良い時に
よく見かけるCDがあります。

最近、ずっと気になっていて、見当たらなかったCD
を車のトランクの中から偶然、発見しました。

そのCDとは、30歳で他界した女性カントリー歌手、
パッツィ・クラインのトリビュート・アルバム、「リメン
バリング・パッツイ・クライン」です。

e0103024_964830.jpg

以前はあまり楽しめなかったCDでしたが、改めて
聴いてみると、選曲や仕上がりが面白く、とても
勉強になります。

最近、パッツィ・クラインの歌をよく聴いたからでしょうか、
それぞれのアーティストがパッツイに敬意を払って
自分なりの表現をしているのがよく分かります。

年の瀬に、探し物が見つかってスットした感じです。
by kazalisaleo | 2010-12-31 09:07 | ひとり言 | Comments(5)

蒼い夕暮れ

年末年始は、予報通り冷え込みそうですね。

e0103024_18552692.jpg

夕方、冷たい蒼色に染まった目神山の空を
携帯電話のカメラで撮りました。

山の夜は冷え込みがきついので、部屋を
暖かくしてDVDで映画や音楽でも観賞する
つもりです。

ああ、雪が舞ってきたぞ...
by kazalisaleo | 2010-12-30 18:57 | ひとり言 | Comments(0)

最後の講座

毎日文化センターでの「ギター弾き語り」講座が、
今年の最後の講座となりました。

2年前にこの講座が始まった頃は、チューニング
のやり方から、コードの押さえ方、ベース・ランニング
の入ったストロークの練習などが中心のビギナー・
クラスでしたが、最近では、ディミニッシュ・コードや
バレーコードのBmコードなど比較的難しいコード
にもトライしていただいています。

e0103024_2337312.jpg

課題曲も30曲を超え、ギターを弾きながら歌う
ことを楽しんでいただいています。

講座は、また来年、1月5日から始まります。
by kazalisaleo | 2010-12-27 23:38 | ひとり言 | Comments(2)

ついに発行!

2010年度の「稲葉和裕ファンクラブ・ニューズレター」の発行
が大変遅くなってしまいまして、楽しみにしていただいています
会員の皆様にご迷惑とご心配をおかけいたしました。

年末ギリギリになってしまいましたが、ニューズレター第20号
が発行され、明日、12月27日に会員の皆様のもとへ発送させ
ていただきます。

e0103024_1335132.jpg

今号では、2010年度の出来事、ジプシー・スウィング・ジャズ・
ギタリスト、山本佳史氏のインタビュー、連載コラム、2011年度
の上半期スケジュールなどが掲載されています。

また、2010年度のハイライト・シーンなどが掲載された保存版
写真集「2010 Snapshots」も付録されています。

年末からお正月のゆったりとした時間に、お読みいただければ
嬉しいです。

なお、新規でファンクラブに入会ご希望の方は、下記に方法にて
お手続きください。
ニューズレター最新版をお送りいたします。

<2011年度 稲葉和裕オフィシャル・ファンクラブ ご入会方法>

Eメール: info@officewhiteoak.com
または、FAX: 0798-72-0984

上記の方法で、お名前、ご住所、お電話番号をお知らせください。
後日、年会費(2,000円)のお振込用紙を郵送させていただきます。

8年目に突入する稲葉和裕ファンクラブ、来年度も皆様にお楽しみ
いただけるように事務局一同、頑張りますので、どうぞ、よろしく
お願い申し上げます。
by kazalisaleo | 2010-12-26 13:41 | ひとり言 | Comments(0)

夢への確かな一歩

小雪舞い散るクリスマスの午後,甲南女子大学
で開催されました「クリスマス・チャリティー・
コンサート 2010」を楽しみました。

第一部は、ドイツの作曲家、ロベルト・シューマン
(1810-1856)と妻クララ・シューマン(1819-1896)、
そして、ヨハネス・ブラームス(1833-1897)の
生涯を、音楽と演劇で表現された素晴らしい舞台
でした。

e0103024_1303412.jpg

「西日本一」と言われるパイプオルガンを備えた
芦原講堂に、その荘厳な音色が響き渡りました。

初めて聴いた巨大なパイプオルガンの迫力に
感動を覚えました。

e0103024_1304947.jpg

第二部では、170名の合唱団に、社交ダンス、
現役学生のチアリーダーたち、俳優たちが加わり、
総勢200名の出演者と、1800名の観客でクリスマス・
キャロルを大合唱しました。

小児がんの子供たちのための夢の病院造りへの
確かな一歩を感じることができたクリスマスでした。
by kazalisaleo | 2010-12-26 01:32 | ひとり言 | Comments(0)

Christmas Day

昨夜、クリスマス・イヴは、風が強くてよく冷え
ました。

今日の午後は、甲南女子大学で開催される
「クリスマス・チャリティー・コンサート」を観に
行きます。

e0103024_9415436.jpg

子供たちが出演するクラシック・コンサート、
楽しみです。

皆さん、どうぞ、良いクリスマスを!
by kazalisaleo | 2010-12-25 09:45 | ひとり言 | Comments(0)

カタマリからの一曲

昨夜の「ラスト・ライヴ for 2010」の第3セット
では、選曲に悩んだ時のために椅子の上に
歌詞カードのカタマリを置いていました。

ちょうど選曲に困ったので、その歌詞の束から
無作為に一枚の歌詞を抜き取って歌うことに
しました。

e0103024_22434713.jpg

運悪く?引っ張り出した曲は、ボブ・ウイルス
の名曲、"Faded Love"。
素晴らしい歌ですが、旋律に高低があり、
歌いづらい曲です。

仕方ないので、無難なキー(Gb)に設定し、
歌い始めるとなかなかいい感じに。



こういう選曲方法もスリルがあって面白いですね。

ライヴには、スリルがなければ...
by kazalisaleo | 2010-12-24 22:46 | ひとり言 | Comments(0)

ラスト・ライヴ for 2010

今夜のフォートワースのソロ・ライヴで、今年のライヴが
すべて終了しました。
各セットにクリスマス・ソングを散りばめ、2010年を締め
くくるライヴとなりました。

今年一年間、ご来観いただきました皆様、どうも有り難う
ございました!
お蔭様で素晴らしい共演者の皆さんと、楽しみに聴いて
いただく皆様のために楽しく歌い演奏することができました。

来年も引き続き、ご支援、ご声援のほど、どうぞ、よろしく
お願い申し上げます。

e0103024_031260.jpg

出演するライヴは終了しましたが、まだ数箇所の講座と
個人レッスンが年末まで予定されています。

また、12月25日(土)は子供たちが出演する「甲南女子
大学チャリティー・クリスマス・コンサート」を観賞するのを
楽しみにしています。
by kazalisaleo | 2010-12-23 23:58 | ひとり言 | Comments(0)

長寿番組

今夜、今年最後のさくらFM音楽室「稲葉和裕
のミュージック・ジャーニー」の生放送が
終わりました。

通算91回目ということで、番組が7年8ヶ月間
続いているということになります。

長寿番組と呼んでもよいのではないでしょうか?

e0103024_2327536.jpg

今年は、5月に「アメリカ南部の旅」と日程が
重なった日以外は、すべて生放送でお送りし
ました。

生放送は緊張感があり、ライヴのステージと
同じです。
ただ、聞き手がラジオの向こう側という点が
違いますが、歌に気持ちを入れるのは同じこと。

いつも勉強になります。
by kazalisaleo | 2010-12-22 23:29 | ひとり言 | Comments(0)

クリスマス・プレゼント

あと3日でクリスマスですね。

わが家は、12月25日に甲南女子大学で開催される「クリスマス・
チャリティー・コンサート」に子供たちが出演するということで
その準備に追われています。

この日は、観客としてコンサートを楽しんできたいと思います。



大好きなクリスマス・ソング、「オー・ホーリー・ナイト」をYouTube
でお楽しみください。

平穏なクリスマスでありますように。
by kazalisaleo | 2010-12-22 07:35 | ひとり言 | Comments(4)