あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
メッセージ、どうも有難う..
by kazalisaleo at 06:58
お誕生日おめでとうござい..
by けんつく at 06:50
ありがとうございました!..
by 今村 at 22:42
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
ブルーグラス・ランブルを..
by ご無沙汰しています at 21:12
ノーマン・ブレイクのD-..
by kazalisaleo at 01:10
同感です。 ノーマン・..
by kazalisaleo at 23:57
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

「よ~いドン!」収録

関西テレビ「よーいドン!」(午前9時55分~
午前11時20分)の人気コーナー、「となりの
人間国宝さん」の収録が、今日、甲陽園界隈
で行われました。

ひょんな弾みで、レポーターの円広志さんが、
わざわざ目神山のわが家に来られることに
なりました!

e0103024_2355598.jpg

インタビューあり、弾き語りありで、和気
藹々とした雰囲気を収録されてロケ隊は
帰られました。

本日の模様は、10月17日(月)か18日(火)
のいずれかの日に放送される予定です。

どんな内容になるのか、どうぞ、お楽しみに!
by kazalisaleo | 2011-09-30 23:57 | ひとり言 | Comments(0)

魔法のピック

アコースティック・リズム・ギターを弾くのに
最適な本鼈甲ピックをプロデュースさせて
いただいています。

e0103024_824984.jpg

今回は、前作の厚み2.5ミリよりも若干厚め
の2.8ミリのピックが数枚、限定入荷しました。

お手持ちのギターから、魔法のようにさらに
素晴らしい音が弾き出されるでしょう。

価格は、3,500円です。

ご興味のある方は、お早めに。
by kazalisaleo | 2011-09-30 08:25 | ひとり言 | Comments(0)

"Fiddler On The Rocks"

先日、"Live! At McClure, Virginia"の
レコードでダン・レノ&ビル・ハレルのドライヴ
の効いた演奏を聴いて、彼らといっしょに
演奏していたフィドラー、バック・ライアンの
フィドル・アルバムも2枚聴いてしまいました。

e0103024_21321082.jpg

アルバム、"Fiddler On The Rocks"では、
"Listen To The Mockingbird"、"Black
Mountain Rag"、"Alabama Jubilee"など、
ダン・リノのバンジョーはもちろん、フラット・
ピッッキング・ギターも素晴らしいです。
録音は、1973年ということです。

e0103024_21322770.jpg

もう一枚のアルバム、"Draggin' The Bow"
には、"Ragtime Annie"、"Snow Deer"、
"Bully Of The Town"など、私の大学時代
のフィドルのレパートリーが多く入っています。
1975年頃のアルバムです。

マーク・オコナー、スチュワート・ダンカン、
オーブリー・ヘイニー、アンディー・レフト
ウイッチらハイテク・フィドルもいいですが、
バック・ライアンのようなベテラン・オールド・
タイマーの弓さばきも味わい深く、演奏に
温かみを感じます。
by kazalisaleo | 2011-09-29 21:32 | ひとり言 | Comments(0)

祝 ミュージック・ジャーニー100回記念

今夜、さくらFM「稲葉和裕のミュージック・
ジャーニー」の第100回目の放送が無事に
終わりました。

今夜は、生誕100年を迎えたビル・モンロー
の音楽と彼を敬愛するアーティストの音楽を
ご紹介させていただきました。

e0103024_2332755.jpg

平松ディレクターには、初回からミキシング
ボードでCD音源と弾き語りの切り替えをして
いただいています。

e0103024_23322358.jpg

ファンの方々から100回の放送を記念して
綺麗なお花をいただきました。

毎月、緊張感のある素晴らしい経験をさせて
いただいて感謝です。
by kazalisaleo | 2011-09-28 23:35 | ひとり言 | Comments(4)

忘れられない一枚

探せば探すほど、探し物は出てこないものです。

講座で参考音源に使いたいアルバム、ナタリー・
コールの「アンフォーゲッタブル」をずっと
探していましたが、見当たらず、そろそろ買い
直そうかと思っていました。

そんな矢先、部屋の片づけをしていると、久しく
触れていなかった歌詞やファイルの下から、
ナタリー・コールが微笑んでいるのを発見。

e0103024_12134924.jpg

父親、ナット・キング・コールの名曲を娘、ナタリー
がカヴァーした忘れられないアルバムです。

探し物が見つかって気分良し。
今日は、久しぶりにこのアルバムを聴いてみたい
と思います。
by kazalisaleo | 2011-09-28 12:12 | ひとり言 | Comments(2)

アトリエ

子供の頃、自宅の向かいの仕事場で木彫
職人として働く父のそばに座って絵ばかり
描いていました。

小学6年生頃にはイタリア現代彫刻の巨匠、
ジャコモ・マンズーに憧れて彫塑に興味を
持って、中学生時代には父の仕事場の2階
の物置部屋を自らのアトリエと称し、夜遅く
まで粘土や石膏と奮闘していました。

最近、目神山の自宅の事務所兼、レッスン
室兼の一室で、息子が画材と用紙を持ち
込んで絵を描いています。

今日も動物図鑑を観ながら、古いカレンダー
の裏に数点描き上げました。

e0103024_2344039.jpg

迫力のある前足、お腹が減ったような表情
がよく出ていると思います。

虎が大好きな彼の祖父がこの絵を見ると、
きっと大喜びすると思います。

アトリエは何処にでもできるようです。
by kazalisaleo | 2011-09-27 23:06 | ひとり言 | Comments(0)

100!

2003年6月から月に一度のペースでさくらFMの番組
「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」を担当たせて
いただいて、8年と4ヶ月が経過し、明日で100回目の
放送となります。

アメリカ旅行や祝日などで録音の日もありましたが、
ほとんど生放送でお送りしてきました。

たどたどしい語り口や関西弁が顕著に聞かれますが、
コンサートやライヴとほとんど同じ感覚で真剣に進め
させていただいています。

e0103024_1428666.jpg

今回の100回目の放送を記念して、今年生誕100年
を迎えた「ブルーグラスの父」、ビル・モンローの特集
をします。

いつものようにCDと弾き語りを交互に楽しい58分間
にしたいと考えています。

可聴範囲の皆さん、どうぞ、お聴きください!
メッセージなど、メールまたは、ファクスでさくらFMまで
お送りください。

787@sakura-fm.co.jp
FAX 0798-37-5514

9月28日(木)さくらFM音楽室「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」
(78.7MHz)
午後8時~8時58分(生放送)
(同日午後7時30分からは、稲葉和裕制作の「バック・
ステージ・ミュージック」もお楽しみください。)
by kazalisaleo | 2011-09-27 14:29 | ひとり言 | Comments(0)

ソングライターたち

神戸酒心館での「アメリカン・ミュージック・ジャー
ニー in 酒蔵Vol. 16」が今週末、10月2日(日)
に迫りました。

今回のテーマは、「歴史に残ったソングライターたち」
と題して、カントリー・ミュージックで活躍した作曲家
にスポットを当てて、彼らの有名曲をご紹介する
保存版的なコンサートになりそうです。

選曲作業も佳境に入り、最終的に絞り込んでいます。

e0103024_0123739.jpg

スペシャル・ゲストにジャズ・ピアニスト、石川武司氏
をお迎えして、ジャズ・ピアノとカントリーのコラボ
レーションもどうぞ、お楽しみにしていただきたいと
思います。

10月2日(日)「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵 Vol. 16」
開場 午後2時30分 開演 午後3時
神戸酒心館ホール
チケット 前売 3,500円 (当日 4,000円)
[全席自由・利き酒付]
■出演
稲葉和裕&レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド
稲葉和裕(ギター)、蔦川 元(フィドル)
石平祐二(ベース)、地倶清嗣(ドラムス)
石川武司(ピアノ)

チケットのご用命は、オフィス・ホワイト・オーク
Tel & Fax (0798)72-0984まで。
by kazalisaleo | 2011-09-27 00:11 | ひとり言 | Comments(0)

"Mother Maybelle"

カントリー・ミュージックの源流の一つ、カーター・ファミリー
のメイベル・カーター(1909-1978)のことを綴ったジョー
&ローズ・リー・メフィスの作品、「マザー・メイベル」を
先日のソロ・ライヴで歌いました。



広く世界中で知られた女性、母親として、妻として誇り
を持って、人生の陽のあたる面を生きた女性、マザー・
メイベル・カーターが描かれた歌で大好きな一曲です。

A.P.カーターの弟、エズラと結婚したメイベルは、3人の
女の子に恵まれ、ヘレン、ジューン、アニタと共にカーター・
シスターズとしてジョニー・キャッシュのショーなどで活躍
しました。
by kazalisaleo | 2011-09-25 15:52 | ひとり言 | Comments(0)

初参加

芦屋トライアルズのジュニアチームの4年生
が公式戦終了を期に高学年チームに移行
したのに伴い、父親コーチ陣も同じく移られ、
ジュニアチームのコーチの人数が少なくなり
ました。

今日の午後、一大決心をして、ジャージ姿
に着替え、野球帽を被り、グラブを持って
練習場に出向きました。

球拾いでもと安易に思っていたのですが、
ヘッドコーチが父兄6名を守備に配置し、
子供たちを順番にバッティングさせる練習
メニューに初参加させていただきました。

e0103024_21234548.jpg

ショートを守ったのですが、打球が自分に
向かって飛んでくると、やはり焦ります。
視界のボール以外はすべてピントがぼけ、
全員の視線を感じます。

運良くボールを手にしても、どこに投げる
べきか迷う時もあります。

子供が見ているので、あまり無様な姿も
見せたくないので、余計に緊張します。

また、チェンジがないので休憩がなく、
連続でボールが飛んできた時や、2塁の
けん制で動き回ると、結構、息があがり
ます。

野球は、見ていると簡単そうに見えますが、
実際にやってみると、とても難しいスポーツ
です。

久しぶりの野球、親子でグラウンドに
立てること、練習の後の冷えた麦茶の
美味しいこと、また、ステージで味わう
緊張感とまた違うそれを楽しみました。
by kazalisaleo | 2011-09-24 21:31 | ひとり言 | Comments(3)