あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
今年のゲイラックス・フィ..
by kazalisaleo at 22:41
いつも番組をお聴きいただ..
by kazalisaleo at 23:05
カントリー、ブルーグラス..
by 平太 at 23:19
メッセージ、どうも有難う..
by kazalisaleo at 06:58
お誕生日おめでとうござい..
by けんつく at 06:50
ありがとうございました!..
by 今村 at 22:42
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

お別れの日

3月28日に88歳で他界されたアール・
スクラッグスの一般葬儀が4月1日
午後2時よりナッシュヴィルのライマン
公会堂で執り行なわれるそうです。

e0103024_9402869.jpg

多くのカントリーやブルーグラスのスター
たちと名演を繰り広げてきた思い出の
ライマン公会堂でのお別れの儀式となる
でしょう。
by kazalisaleo | 2012-03-31 09:41 | ひとり言 | Comments(2)

バンジョーの神様

遂に、この日が来ました...「バンジョーの神様」、
アール・スクラッグスが他界されました。

数えきれないほどのバンジョー奏者、ブルー
グラス・ファン、アメリカン・ミュージック・
ファンに愛されてきた偉大なアーティストでした。

e0103024_9472347.jpg

アール・スクラッグスのバンジョーは、上品で、
ドライヴ感があり、創造的で、まさに「神技」
でした。

「ブルーグラス・ファンのひとりとして、素晴らしい
人生にしてくれて有難うございました!」と
言いたいです。
by kazalisaleo | 2012-03-29 09:47 | ひとり言 | Comments(4)

春の香り

最近、天候が不安定だったのもあり、今日
の午後、久しぶりに散歩しました。

e0103024_2354237.jpg

日光はあるものの、まだ肌寒い空気の中、
数週間後、私たちの視覚を楽しませて
くれる桜のつぼみが開花の準備をして
います。

e0103024_2355944.jpg

目神山では、春の山、特有の香りが立ち込めて
います。

春は、もうそこまで来ています!
by kazalisaleo | 2012-03-28 23:06 | ひとり言 | Comments(0)

原点

最近、フィドルとオールド・タイム・バンジョー
の個人レッスンをさせていただいています。

フィドルは、軽やかに滑る右手と音程を定め
るのが難しい左手に苦労しますが、焦らず
ひとつひとつ積み上げます。
難しい分、フィドルを弾けた時の喜びは、
他の楽器の比でありません。

5弦を右親指で引っ掛けてリズムを出す
フレイリング・バンジョーの独特の音とリズム。
これぞ、アパラチアという雰囲気を楽しむ
ことができます。

e0103024_1532376.jpg

フィドルとバンジョー、どちらもカントリーと
ブルーグラスの原点です。

それらを見直す機会をいただいていること
に感謝です。
by kazalisaleo | 2012-03-28 15:32 | ひとり言 | Comments(0)

明日のプログラム

明日のさくらFM音楽室「稲葉和裕のミュージック・
ジャーニー」で、どのCDをかけようか思案中です。

e0103024_23332767.jpg

3月10日に再会した御大レオン・ラッセルと、レオン
のギタリスト、クリス・シモンズからいただいたCD
をご紹介しようと思います。

思い切って、レオン・ラッセルを特集してみようかな...
by kazalisaleo | 2012-03-27 23:34 | ひとり言 | Comments(10)

貴重なレコード

あるお客様から貴重なLPレコードをいただきました。

1960年代のMGM時代のオズボーン・ブラザーズの
ヒットソング、"Rocky Top"、"The Cuckoo Bird"、
"Kentucky"、"Bluegrass Express"、"Faded
Love"などが続々と続きます。

e0103024_1263970.jpg

もちろん聴いたことはありましたが、久しぶりに改めて
聴くと、凄い演奏と歌、そして、斬新で無駄のないアレ
ンジに敬服します。

正直なところ、ブルーグラスをはじめた頃は、上記の
ようなオズボーン・サウンドよりも、"Molly & Tenbrooks"、
"Little Girl In Tennessee"などのトラッド曲のカヴァー
が好きでしたが、今はその逆。

今から50年も前に、よくこんなアレンジと演奏ができた
なと感心するばかりです。

今のブルーグラス・プレイヤーたち、もっと頑張らねば!
by kazalisaleo | 2012-03-27 01:27 | ひとり言 | Comments(0)

送る歌

息子の所属する少年野球チーム、芦屋トライアルズの
6年生たちの卒団式に家族で出席しました。

e0103024_1713417.jpg

小学生時代の何年かを学業と野球に費やした子供たち
の清々しさに感動を覚えます。

e0103024_17134027.jpg

今回は、式典の半ばでゲストとして数曲、歌を披露させて
いただきました。

ソロで2曲、娘とデュオで2曲、歌わせていただきました。
by kazalisaleo | 2012-03-25 17:14 | ひとり言 | Comments(0)

ソフトな音色

先日のフォートワースでのソロ・ライヴで、話題のクラシック・
ギターで歌った"You Don't Know Me"がYouTubeに
アップされましたのでご覧ください。



今回は、ピック弾きになりましたが、柔らかな独特の音色は
スロー・バラードにピッタリです。

今後のライヴでも、是非、使っていきたいと思っています。
by kazalisaleo | 2012-03-25 00:02 | ひとり言 | Comments(0)

マーガレットとマリリン

歴史に残った二人の女性の映画を、贅沢にも一日に二本も
観ることだできました。

e0103024_2252838.jpg

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(The Iron Lady)
自然なメイクアップもさることながら、メリル・ストリープの
名演技に終始、釘付けでした。

'70年代末から'80年代、リアルタイムでサッチャー首相の
ことをニュース等で観ていましたが、芯の強い方だったこと
を再認識させられました。

e0103024_22522536.jpg

「マリリン 7日間の恋」(My Week With Marilyn)
さも本物のマリリン・モンローを観ているような錯覚を覚える
ようなミシェル・ウイリアムズの熱演。

映画の舞台がアメリカではなく、イギリスだったことも興味
深かったですが、マリリン・モンロー、色々と知られざる人間
関係があったのですね。

どちらの映画も、葛藤の中で精一杯生きた女性がうまく
描かれていました。

映画三昧の一日でした。
by kazalisaleo | 2012-03-24 22:52 | ひとり言 | Comments(0)

究極のメッセージ

卒業式や終業式の季節です。

我が家の子供たちも今日が終業式で、来月の新学期まで
自由の身になります。

この時期、授業で制作した作品を家に持ち帰ってきます。

e0103024_13212819.jpg

息子の書道の作品をご紹介します。

ひらがなやカタカナが交じり合い、文法も定かではありま
せんが、野球のことばかり考えている息子らしい究極の
メッセージかと思います。
by kazalisaleo | 2012-03-23 13:21 | ひとり言 | Comments(0)