あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
ブルーグラス・ランブルを..
by ご無沙汰しています at 21:12
ノーマン・ブレイクのD-..
by kazalisaleo at 01:10
同感です。 ノーマン・..
by kazalisaleo at 23:57
はじめまして この..
by 夏の雲 at 18:34
"Christmas T..
by Chie at 01:03
お褒めのお言葉、どうも、..
by kazalisaleo at 20:27
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

鮨処 松

夏休み期間中は、子供たちがベッタリ家に居て
大変です。

暇を持て余している彼らに夕食の準備と作業を
任せることを告げると賛成、さらにお鮨屋を提案
すると二人とも大喜び。

e0103024_21193173.jpg

子供たちにお鮨を握ってもらって、親が食べる
パターンで本当の鮨屋で食べるよりもゆったり
食べれて、味もなかなかいけました。

長女が考えた屋号は、「松」。
命名の理由は、松竹梅の一番上の「松」で「しょう」
と読むとのことです。

e0103024_2124639.jpg

今夜のネタは、サーモン、まぐろ、鯛、たこ、カニ
かまぼこですべて完食、デザートに桃。
ビールを2缶飲んで満腹です。

遊びとは言え、子供の時から料理に興味を持た
せることは大切だと思います。

暇を見つけては兄弟ゲンカをしている二人ですが、
鮨職人をしている間は、極めて平和な一時でした。

平和が一番!
by kazalisaleo | 2012-07-30 21:21 | ひとり言 | Comments(1)

プレイヤー当て

Rounder Recordsからリリースされた新譜、"Foggy
Mountain Special - A Bluegrass Tribute to
Earl Scruggs"を入手しました。

3月28日に他界されたアール・スクラッグスを追悼する
アルバムです。

e0103024_2272414.jpg

現在のブルーグラス・バンジョー界を代表する12人の
プレイヤーたちがアール・スクラッグスが残した名曲を
披露してくれます。
元ロンサム・リヴァー・バンドのギタリスト、ティム・オー
スティンのプロデュースで、2006年から2008年の間
に録りためたバンジョー・プレイヤーにとってはとても
興味深いバンジョー・アルバムです。

CDの封を切るや否、あえてどの12人がこのアルバム
に参加しているのか確認することもなしに、また、誰が
どの曲を演奏しているのかライナー・ノーツを見ずに
一通り聴いてみました。

だれがどの曲を弾いているのか当ててみようと注意深く
聴いてみましたが、恥ずかしながら、分かりませんでした。

みんな良く似ていると言うか、スクラッグスぽく弾いて
いるというか...判別が難しい!

「プレイヤー当て」は諦めて、ライナー・ノーツを広げて
各曲のプレイヤーを確認しながら聴いてみると、「なる
ほど」と思われるトーンやタッチが確認され、納得して
楽しめました。

皆さんも、一度、こんな聴き方をしてみてはいかがで
すか?

このアルバムを聴くと、いかにスクラッグスが偉大な
バンジョー・プレイヤーだったかを再認識されると思い
ます。
by kazalisaleo | 2012-07-29 22:07 | ひとり言 | Comments(0)

Oops!

真夏の野球応援は、見ているだけでも大変
です。

今朝の第2クール第1試合では、芦屋トライ
アルズは対戦チームに終始リードされてい
ました。

最終回、4回表の4点を追うトライアルズの
最後の攻撃チャンス。

満塁のランナーを一人でも多くホームに帰
さんと意気込んでバッターボックスに入った
息子に突然、死球!
幸か不幸か本人は一塁へ歩き、押し出しで
貴重な1点を獲得しました。

e0103024_17433740.jpg

その後もフォアボールや守備のミスなどで
3人がホームに帰り、最終回に4点獲得し、
運良く5-5の引き分けで終了することが
できました。

死球を受けた息子が、憤慨した態度で相手
のピッチャーをにらめつけて一塁まで歩いて
行った姿が、少し意外で印象に残りました。
by kazalisaleo | 2012-07-29 17:44 | ひとり言 | Comments(0)

聴き比べ

昨夜のフォートワースでのソロ・ライヴから、ちょうど2本の
マーティン・ギターを「利きギター」できる動画がYouTube
にアップされましたので、ご紹介させていただきます。

まずは、1956年製のD-28で、"Rose Of My Heart"を
お聴きください。



そして、1946年製のD-18で、"Farther Along"を歌い
ました。最後は、自然の流れでアカペラになりました。



さて、D-28とD-18の聴き比べ、いかがでしたでしょうか?

ギターも人間同様、それぞれの個体で特徴や性格が
異なります。弾き分け、使い分け、なかなか楽しいものです。

第3セットでは、友情出演いただいたカントリー・ギタリスト、
荻野信彦さんとギター2本で"Black Mountain Rag"を
競演させていただきました。

荻野さんは、カーリー・メイプル材のラリビー・ギター(Larrivee、
カナダ製)、私はD-18を弾いています。



何が起こるかわからない稲葉和裕ソロ・ライヴ、今回の
ライヴのハイライト・シーンをお楽しみください!
by kazalisaleo | 2012-07-28 01:17 | ひとり言 | Comments(0)

利きギター

今夜のフォートワースは、ソロ・ライヴ史上最高のご来客数
で、歌や演奏にも熱が入りました。

暑い中、ご来観いただきました皆様、どうも、有難うござい
ました!

e0103024_0101617.jpg

今夜は、2本のマーティン・ギターを曲ごとに持ち替えて、
皆さんにD-18とD-28の聴き比べをしていただきました。

それぞれのギターの持ち味や音色を感じていただけたと
思います。

e0103024_08426.jpg

第2セットでは、ハーモニカの伊藤幸太郎さんに飛び入り
ゲスト出演いただき、"O Shenandoah"と"Georgia
On My Mind"を共演いただきました。

e0103024_083099.jpg

第3セットでは、マイ・ギターを持って遊びにきていただいた
荻野信彦さんとギター2本でお楽しみいただきました。

e0103024_085389.jpg

TAEさんにも飛び入りゲストで"Tennessee Waltz"を
歌っていただきました。

暑い夏の宵、楽しい一時でした。
by kazalisaleo | 2012-07-27 00:09 | ひとり言 | Comments(2)

D-18 & D-28

晋遊舎ムックから今月発行された「マーティン
D-18 & D-28永久保存ガイド」で特集される
ほどのアコースティック・ギターの大スタン
ダードであるD-18とD-28。

e0103024_11181276.jpg

今夜のフォートワースでのソロ・ライヴに、
D-18とD-28を持ち込みますので、じっくり
その音の違いを聴き分けてみて下さい。

「マーティン D-18 & D-28 永久保存ガイド」
雑誌63411-15
ISBN978-4-86391-567-1
定価:本体2,381円+税
by kazalisaleo | 2012-07-26 11:21 | ひとり言 | Comments(2)

自然の流れ

今夜は、月に一度の生放送「稲葉和裕
のミュージック・ジャーニー」で緊張の
58分間を楽しみました。

CDと弾き語りを交互に織り込みながら
番組を進めています。

通常、放送当日の数時間前に完成する
曲目リストを基本に、何をしゃべるかは
台本なしで自然の流れに任せています。

このパターンで9年と2ヶ月、110回を
迎えました。

e0103024_2371746.jpg

今夜は、数日前に練習した"Rose Of My Heart"、
夏をイメージいた"Love Letters In The Sand"、
"Voila! An American Dream"などを歌いました。
by kazalisaleo | 2012-07-25 23:09 | ひとり言 | Comments(2)

初泳ぎ

子供たちにせがまれて、個人レッスンの合間に
北夙川の市民プールに今夏の初泳ぎに行って
きました。

昨年は、10メートルほどで足をついていた息子も
15メートルは確実に泳ぎきることができていました。

e0103024_22334042.jpg

今年初めてのプール遊びで気持ちよかったのですが、
午後4時過ぎに複数の雷が発生し、全員プールから
出て施設内に移動させられました。

結局、1時間泳いだだけで切り上げて帰ることになり
ましたが、夜に個人レッスンがある私にとっては、
プールをそこそこで切り上げることになって良かった
かもしれませんでした。

近くで気軽に行けるので、また、行きたいと思います。
by kazalisaleo | 2012-07-24 22:34 | ひとり言 | Comments(0)

ギフト

数週間前にKaz's Blogで10月のブルーグラス・
ランブル初の東京公演の決定を掲載したところ、
本日、カリフォルニア州サン・クレメンテの
アクセサリー・メーカー、Poerava(ポエラヴァ)
のChiekoさんからお祝いのギフトが届きました。

e0103024_18142627.jpg

Poeravaのロゴが入ったTシャツと、オリジナル・
レザー・ギター・ストラップ"Skywalker"をお贈り
いただきました。

なかなか味わい深い色目と柔らかい手触りのギター・
ストラップで、古いギターにもすぐに馴染みそうです。

e0103024_18313966.png

Poeravaさんとの出会いは、今年の3月、レオン・
ラッセルのバンドで来日したクリス・シモンズが
同社のストラップを使用していたことから始まり
ました。

残念ながら、Chiekoさんには、まだ、実際には
お目にかかったことがありませんが、ミュージ
シャンや友達を介して、また新たな友人が増える
のは素晴らしいことだと感謝しています。

まだ、お会いしたことのないChiekoさん、どうも、
有難うございました。

ブルーグラス・ランブルの東京公演、このギター・
ストラップで頑張ります!

www.poerava.net
by kazalisaleo | 2012-07-24 18:15 | ひとり言 | Comments(0)

親子二代物語

浪花の夏の風物詩、「宗右衛門町夏まつり」の初日
に子供たちと出演させていただきました。

e0103024_23551481.jpg

当初、父、稲葉悦郎の出演を予定していたのですが、
やはりこの暑さでバテ気味ということで今年も出演を
見合わることになりました。

私たちも含めて父の出演にご期待いただきました
皆様にはお詫び申し上げます。

e0103024_2356794.jpg

最近では、子供たちも歌ったり、楽器で参加したりと
戦力になってきたところが親として嬉しいことです。

e0103024_23565628.jpg

出演が終わると、子供らしくアイスクリームを食べたり、
スーパーボール釣りや当て物などを楽しんでいました。

子供たちは夏休みに突入、私は通常の業務(講座、
レッスン、FMラジオ、ソロ・ライヴ etc.)に戻ります!
by kazalisaleo | 2012-07-22 23:58 | ひとり言 | Comments(3)