あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
メッセージ、どうも有難う..
by kazalisaleo at 06:58
お誕生日おめでとうござい..
by けんつく at 06:50
ありがとうございました!..
by 今村 at 22:42
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
ブルーグラス・ランブルを..
by ご無沙汰しています at 21:12
ノーマン・ブレイクのD-..
by kazalisaleo at 01:10
同感です。 ノーマン・..
by kazalisaleo at 23:57
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ねじ巻き

久し振りにチーフ・バンジョーを弾いてみると、
なんか元気のない音がしました。

しばらく弾いても変わらなっかたので、リゾネ
イターを外して、ヘッドを少し張ってみることに
しました。

リゾネイターを着けて弾いてみると、見違える
ほど張りのある音に蘇りました!

e0103024_035293.jpg

土曜日のアビリーンのライヴには、チーフ・
バンジョーを持っていこうと思います。
ギターも、フィドルも...

是非、ご来観ください。

12月1日(土)「稲葉和裕ライヴ at ABILENE」

開演 午後7時 (45分ステージ2回)

アビリーン
池田市石橋1-12-12 (072)762-5353 
●阪急宝塚線「石橋」駅西口から徒歩3分
●国道171号線高架下 (コインパーキング有り)

チャージ 3,500円(2ドリンク付)[ご予約推奨]

■出演
稲葉和裕トリオ
稲葉和裕(ヴォーカル、ギターバンジョー、フィドル)
蔦川 元(フィドル、ギター)、石平祐二(ベース)

お問い合わせ・ご予約 アビリーン(072)762-5353 
by kazalisaleo | 2012-11-30 00:29 | ひとり言 | Comments(0)

"Things In Life"

今夜の生放送もあっと言う間の58分間でした。

今夜は、ドン・ストーヴァーの歌、"Things In Life"
をリッキー・スキャッグスの新譜から、そして、番組
のエンディングでは、ドン・ストーヴァー自身の同曲
で閉めました。

"Now when they lower my casket down
In some lonesome grave to rest
And you take your last look at my face
You can say I did my best"
- Don Stover

e0103024_23114972.jpg

番組内で同じ曲を二度かけることは滅多にあり
ませんが、天国にいるドン・ストーヴァーも
きっと聴いてくれたことでしょう...
by kazalisaleo | 2012-11-28 23:20 | ひとり言 | Comments(0)

今夜はラジオ

今夜は、第4水曜日ということで、午後8時からさくらFM
音楽室「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」をお楽しみ
ください。

午後7時30分からは、私がセレクトした音源をお聴きいた
だく「バックステージ・ミュージック」もありますので、併せて
お楽しみください。

インターネット・サイマル・ラジオで、ご自宅のパソコンから
でも、スマホからでも聴いていいただけます。

e0103024_12512174.jpg

11月28日(水)FMラジオ 「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー Vol. 114」
さくらFM (FM 78.7 MHz) 午後8時~午後8時58分 (生放送)

インターネット・サイマル・ラジオで聴いていただけます。
(再放送は、第4土曜日の午後9時からです。)

●Eメール [さくらFM宛て] 787@sakura-fm.co.jp
●ファックス [さくらFM宛て]  (0798)37-5514
by kazalisaleo | 2012-11-28 12:53 | ひとり言 | Comments(3)

わがヴァイオリンの正体

1991年に指板が外れた状態で購入し、5弦ヴァイオリン
に改造してもらった古いヴァイオリンの正体が、20数年
を経て何となく明らかになってきました。

e0103024_36788.jpg

ヘッドストックに男の頭部が彫刻され、本体の裏には城
か教会の絵柄が木の象眼で施されています。

フェイスブックに、たまたま修理から上がったヴァイオリン
の写真を掲載したところ、名フィドラー、ティム・クラウチ氏
から、フランスのヴァイオリン製作家、Gaspard Duiffo-
pruggar(1514-1570)のスタイルではないかという
情報をいただきました。

e0103024_365056.jpg

どう見ても、私のヴァイオリンが16世紀の名匠に作られた
ヴァイオリンである筈がなく、インターネットでさらに調べると、
19世紀にフランスでGaspardが製作したような古いヴァイ
オリンを多く製作したHonroe Derazeyの作品のような感じ
がしてきました。

推測ですが、このヴァイオリンの男の頭部は、現在のヴァイ
オリンの形を作り上げたと言われる名匠、Gaspard Duiffo-
pruggarの肖像ではないかと思うのですが...

ヴァイオリンの世界は、あまりにも多くの贋作、コピーが作ら
れていて、何を信用して良いのか全くわかりません。

クラウチ氏、曰く。
「そのヴァイオリンが、本物か偽物かはどうでも良いことだ。
音が良ければ、それでいいのさ。」

納得!
by kazalisaleo | 2012-11-28 01:29 | ひとり言 | Comments(0)

チャルメラ

今夜、手元に戻ったフィドルを弾いている時、
そばにいた息子に遊び半分でフィドルを持た
せ弾かせてみました。

初めてにしてはスムースなボウイング(弓使い)
だったのでしっかり褒めておきました。

e0103024_2335293.jpg

そして、寝る前に「ちょっとヴァイオリン弾か
せてや」と息子が私の部屋に入ってきました。

息子の想定外の要請に動揺しつつ、しばらく
ボウイングの練習をさせると、「チャルメラは
どう弾くの?」と聞いてきたので、どの弦でも、
どのポジションでも弾けるよ、と伝授しました。

スタートは、「チャルメラ」でも十分です。
by kazalisaleo | 2012-11-27 23:04 | ひとり言 | Comments(0)

懐かしい感触

再入院から約1週間で手元に戻ったフィドル。
懐かしい感触と音。

e0103024_18425651.jpg

このフィドルとは結構長いお付き合いになります。
調べてみると、5弦ヴァイオリンに改造してもらって
完成したのが1991年7月でした。
21年前だったのか、という感じです。

e0103024_1843995.jpg

今夜は久し振りに、この古いフィドルと色々と語り
合いたいと思います。
by kazalisaleo | 2012-11-27 18:44 | ひとり言 | Comments(0)

久し振りの茨木

茨木の人気レストラン、しゃんぷでの「稲葉
和裕トリオランチ・ショー」が開催されました。

満員御礼の中、主宰者の森田さんと藤井さん
のフォスター曲で始まり、稲葉和裕トリオ、
そして、ゲストのラッシーとあっという間の
一時間でした。

e0103024_0235149.jpg

ライヴの後は、ボリュームたっぷりで美味しい
しゃんぷのコース料理をいただきました。

北摂でカントリーやブルーグラスを広める
ランチ・ライヴ、今年は京都で2回、茨木が
1回と、合わせて3回お世話になりました。

本ランチ・ライヴでは、収益の一部を東日本
大震災への義捐金とさせていただいています。

来年もまた企画されると思いますので、
どうぞ、お楽しみに!
by kazalisaleo | 2012-11-25 23:56 | ひとり言 | Comments(0)

"Time Changes Everything"

昨夜のフォートワースでの「稲葉和裕ソロ・ライヴ・
スペシャル・ヴァージョン」の第3セットの最後の曲、
"Time Changes Everytjhing"をYouTubeで
お楽しみください。



福原照晃(リード・ヴォーカル)、山内裕之(リード・ギター)、
稲葉和裕(バンジョー)

滅多に実現することがない、楽しいライヴでした!(汗)
by kazalisaleo | 2012-11-24 00:26 | ひとり言 | Comments(0)

秘策

あれっ、今夜の稲葉和裕ソロ・ライヴにマイクが
3本、ギターが3本?..と思われた方が多かった筈。

e0103024_142146.jpg

実は、今日、風邪で喉の調子が急に悪くなり、
悩んだ挙句、

福原照晃氏にリード・ヴォーカル、山内裕之氏
のリード・ギターをお願いして、私はギターと
バンジョーで両氏をサポートするという「稲葉
和裕ソロ・ライヴ・スペシャル・ヴァージョン」
をお送りいたしました。

e0103024_145334.jpg

e0103024_151614.jpg

e0103024_154837.jpg

長年フォートワースでお世話になってきましたが、
福原さんといっしょに全ステージをやらせて
いただくのは初めてで、とてもスリリングで
楽しいライヴとなりました。

e0103024_16597.jpg

寒い中、ご来観いただきました皆様、そして、
急遽、ステージを救ってくださった福原さんと
山内君、両氏に感謝申し上げます。

皆さん、風邪をひかれませんように!
by kazalisaleo | 2012-11-23 01:06 | ひとり言 | Comments(0)

作品展とオープンスクール

今日は、子供たちが通う小学校の作品展
とオープンスクールがありました。

6年生の娘の作品は、家で飼っている亀、
銭丸をモチーフにした鉢の焼物と木製の
スプーンとフォークでした。

e0103024_15555367.jpg

e0103024_15562224.jpg

亀の頭、足、尻尾が鉢の上部に付いて
いるのが面白いデザインです。
娘にとっては、小学校での最後の作品展
となりました。

4年生の息子はダンボール箱を使った
トゥリーハウス。
子供たちの夢が広がる作品が多くあり
ました。

e0103024_15571383.jpg

e0103024_15573756.jpg

e0103024_15575494.jpg

木の皮や(彼の)祖父の木工所から
持ち帰った木の切り抜きや破片を
惜しみなく使った本人の自信作でした。

e0103024_15581633.jpg

午後の授業では、車椅子を実際に使った
体験学習をしていました。
by kazalisaleo | 2012-11-22 15:59 | ひとり言 | Comments(0)