あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
今年のゲイラックス・フィ..
by kazalisaleo at 22:41
いつも番組をお聴きいただ..
by kazalisaleo at 23:05
カントリー、ブルーグラス..
by 平太 at 23:19
メッセージ、どうも有難う..
by kazalisaleo at 06:58
お誕生日おめでとうござい..
by けんつく at 06:50
ありがとうございました!..
by 今村 at 22:42
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

余興の歌

昨夜は遅くまで、歌いたい曲、2曲を練習しました。
ジミー・ロジャーズの"Old Love Letters"と、ウイリー・
ネルソンの"Permanently Lonely"です。

分かり難いコード進行をあれこれ考えながら、何とか
歌えるようになったように思います。

e0103024_22471378.jpg

もうしばらく講座の「余興の歌」で歌って、慣れたいと
思います。

「余興の歌」の出来栄え次第で、ライヴで聴いていた
だける「一軍入り」に昇格します。
by kazalisaleo | 2013-01-31 22:47 | ひとり言 | Comments(2)

One Mind's Eye

実家で久し振りに巨匠アーノルド・ニューマン
(1918-2006)のポートレイト集、One Mind's
Eyeを観ました。

e0103024_22353527.jpg

芸術家、政治家など著名人たちの職業や人格
をも表現する環境性のあるポートレイトばかりで、
いつ観ても彼の発想の豊かさや芸術性に感心
させられます。

写真好きにはたまらない作品ばかりです。
by kazalisaleo | 2013-01-31 22:36 | ひとり言 | Comments(0)

1月のソロ・ライヴ映像

1月24日のフォートワースでの稲葉和裕ソロ・ライヴ
から数曲、YouTubeにアップされましたのでお楽しみ
ください。



"Wayfaring Stranger"



"A Pathway Of Teardrop"



"Calling You"
by kazalisaleo | 2013-01-30 07:36 | ひとり言 | Comments(0)

答え合わせ

1933年のジミー・ロジャーズのラスト・レコーディングに
収録された"Old Love Letters"という曲が気になり、
インターネットで歌詞を検索しました。
しかし、歌詞がうまく見つかりませんでした。

ネット検索は諦めて、音源を聴きながら、どこまで聴き
取れるか、ゆっくり歌詞を書き写してみました。

再度、音源を聴きながら、訂正して、ラッキーにもほとんど
でき上がりました。

インターネットのない時代はこういう作業をよくしたものです。
メロディーも頭に入るし、耳が英語に慣れます。

e0103024_2355574.jpg

ふと本棚にジミー・ロジャーズの歌集が2冊あるのを
思い出し、索引を見ると、今、聴き取った歌がちゃんと
入っているではありませんか...

まるで問題集の答え合わせのように聴き損じを訂正し、
コードも確認することができました。

時間はかかりましたが、久し振りに懐かしい作業でした。

歌を志す方は、是非、たまにはこの作業をしてみてください。
時間のある方は、いっぱいしてみてください。

力がつきますよ!
by kazalisaleo | 2013-01-29 23:56 | ひとり言 | Comments(0)

今週はジミー・ロジャーズ

車の中で、久し振りにジミー・ロジャーズのCD
を聴いていると、まだ歌えていない曲に多く
出会います。

e0103024_14594154.jpg

今回は、1927年にジミー・ロジャーズが初めて
レコーディングした"The Solider's Sweetheart"
と、1933年に彼らが亡くなる数日前にレコーディング
された"Years Ago"の2曲に強く惹かれました。

歌詞を用意して、今夜にでも練習したいと思います。

今週は、ジミー・ロジャーズのCDを順に聴いてみたい
と思います。
by kazalisaleo | 2013-01-29 15:04 | ひとり言 | Comments(1)

楽器選び

お客さんや生徒さんに楽器をご紹介する
時は、極力、長くお付き合いいただける
ようにお互いのイメージや好みなどを考慮
して選ばせていただいています。

e0103024_23401957.jpg

今回は、久し振りにとても良い状態の
サンタ・クルーズのOMと出会えました。
9歳とは思えないほど、状態がとても綺麗
で音も良いギターです。

これから、生徒さんとこのギターでどんな
物語が奏でられるか、楽しみです。
by kazalisaleo | 2013-01-28 23:41 | ひとり言 | Comments(0)

歌の背景

快晴ではあったものの、寒い日のアビリーン・
カントリー・ソング講座に多数、ご参加いただき
まして、どうも、有難うございました。

今日の課題曲の1曲、"Keep On The Sunny Side"
は、カーター・ファミリーのナンバーとしてあまり
にも有名です。

e0103024_23512510.jpg

ところが本当のところは、1899年にAda Blenkhorn
(1858-1927)が作詞、J. Howard Entwisleが
作曲し、"Keep On The Sunny Side Of Life"と
いうタイトルで発表された賛美歌でした。

e0103024_2351467.jpg

A. P. Carterが1928年に録音し、カーター・
ファミリーの曲として世間に広まったようです。

このような歌の背景などをご紹介しながら、
皆さんで歌う楽しい講座です。

次回のアビリーン・カントリー・ソング講座
(第10回)は、2月17日(日)午後2時~4時です。
by kazalisaleo | 2013-01-27 23:53 | ひとり言 | Comments(0)

小雪舞う夜

小雪の舞う寒い夜になりましたが、レフト
アローンには多数、ご来観いただきました。

私はギターからバンジョーに持ち替えたり、
フィドルの蔦川氏はマンドリンやギターに
持ち替えたりで、楽しいライヴとなりました。

e0103024_0362431.jpg

雪は積もらなかったので無事に帰れましたが、
現在の外気温は-1.5℃で、まだまだ冷え込んで
きそうです~。

明日は、午前11時から午後2時まで石橋の
アビリーンでカントリー・ソング講座が
あります。
課題曲は、"Keep On The Sunny Side"と
"Faded Love"です。どうぞ、ご参加ください!

夜中、雪が降らないことを祈りつつ...
by kazalisaleo | 2013-01-27 00:37 | ひとり言 | Comments(0)

勉強になるライヴ

ハンク・ウイリアムズの死後、三人の女性
たちの確執や行動を、ハンクの歌を歌い
ながらご紹介させていただきました。

e0103024_2330744.jpg

今まで知らなかった彼女たちの人物像に
触れることができ、私自身、とても勉強
になるライヴとなりました。

来月のソロ・ライヴは、2月28日(木)です。
by kazalisaleo | 2013-01-24 23:34 | ひとり言 | Comments(0)

三人の女性たち

ハンク・ウイリアムズの死を改めて研究
すると、多くの事柄を知ることになります。

e0103024_9562180.jpg


e0103024_9563727.jpg


e0103024_95712.jpg

母親リリー・ウイリアムズ(写真上)、前妻の
オードリー(写真中)、ハンクの死の2ヶ月前に
結婚したばかりの新妻、ビリー・ジーン(写真下)
ら三人の女性たちが抱いた葛藤も、今夜のライヴ
でご紹介できればと思います。
by kazalisaleo | 2013-01-24 09:58 | ひとり言 | Comments(0)