あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
ブルーグラス・ランブルを..
by ご無沙汰しています at 21:12
ノーマン・ブレイクのD-..
by kazalisaleo at 01:10
同感です。 ノーマン・..
by kazalisaleo at 23:57
はじめまして この..
by 夏の雲 at 18:34
"Christmas T..
by Chie at 01:03
お褒めのお言葉、どうも、..
by kazalisaleo at 20:27
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

訃報 伊集院博さんご逝去

ブルーグラス・ランブル結成当時から数年間
ライヴの冒頭でご挨拶いただいておりました
日本のブルーグラス界の重鎮、伊集院博さん
が亡くなられました。

e0103024_18561253.jpg

数多くのレコードの解説、また、'70年代は
本場アメリカからの多くのブルーグラス・バンド
のコンサートで司会を多く務められました。

日本のブルーグラスの歴史は、伊集院さんと
共にあったと言っても過言ではないと思います。

何年間もブルーグラス・ランブルで司会して
いただいた時の伊集院さんの語り口調と笑い
が忘れられません。

謹んでお悔やみ申し上げます。

10月30日(水)午後6時より御通夜
10月31日(木)午前10時半より告別式
(お香典は丁重にお断り申し上げます)

豊中市日出町2丁目1-7
豊中玉泉院
(06)6334-4242
by kazalisaleo | 2013-10-29 18:57 | ひとり言 | Comments(5)

佳作

娘の夏休みの最終日、夜中までかかって
仕上げた学園祭のポスター・コンクールで
佳作をいただきました。

e0103024_12585456.jpg

めでたし、めでたし。

学園祭も無事に終わったようです。
by kazalisaleo | 2013-10-29 13:00 | ひとり言 | Comments(0)

ツンデレ

昨日は講座終了後、岡山からの夫婦デュオ、
Tune Delay(ツンデレ)がアビリーンでライヴ
をされるということでお店に残り、ライヴを観せ
ていただきました。

e0103024_12282991.jpg

磯山夫妻のバンジョーとギターとヴォーカル
のみのシンプルなアンサンブルから織り成
される心地よい音楽を楽しませていただき
ました。

e0103024_12284927.jpg

ライヴ後は、お店におられたミュージシャン
たちを交え、ジャム・セッションを楽しみました。
by kazalisaleo | 2013-10-28 12:30 | ひとり言 | Comments(0)

歌の深み

昨日のアビリーン・カントリー・ソング講座は、
"I Love You Because"と"Silver Wings"
でした。

e0103024_12201751.jpg

それぞれの歌の作者、レオン・ペインとマール・
ハガードの生い立ちや人生が分かると歌の
深みがグッと増します。

受講いただきました皆様、どうも、有難うござい
ました。

次回のアビリーン・カントリー・ソング講座は、
11月17日(日)です。
課題曲は、"Me And Bobby McGee"と
"Crazy"です。

ご興味のある方は、是非、どうぞ!
by kazalisaleo | 2013-10-28 12:20 | ひとり言 | Comments(0)

色々なフィドル

神戸酒心館での「アメリカン・ミュージック・ジャー
ニー in 酒蔵 Vol.20」から数曲、YouTubeに
アップされましたのでご覧ください。

「アメリカを奏でるヴァイオリンとフィドル」と題した
コンサートの最初は、アパラチアの山々で伝承
されたフィドルをイメージした"Amazing Grace"。



"Amazing Grace"

スコットランドやアイルランドからアメリカ大陸に
移民してきた入植者が故郷、スコットランドのバグ
パイプなどを思い出しているような楽曲。ビル・
モンローのブルーグラス・ナンバー、"Scotland"。




"Scotland"

アパラチア地方やアメリカ南部では、バンジョーと
フィドルの組み合わせで、人々が踊って楽しんだ。
南北戦争時代の兵士たちも恋人と踊る夢を見た
に違いない。



"Soldier's Joy"

フィドル・ミュージックのアンセム(賛歌)とも言う
べきフィドル・チューン、"Boil'em Cabbage
Down"。



"Boil'em Cabbage Down"

コンサートの最後を飾った曲は、やはり、"Orange
Blossom Special"。



"Orange Blossom Special"
by kazalisaleo | 2013-10-28 01:22 | ひとり言 | Comments(3)

孤独

台風27号の影響で天候が心配でしたが、
朝から快晴で予定された少年野球大会が
実施されました。

e0103024_1447744.jpg

息子が先発ピッチャー、そして、7回最終回
まで投げぬきました。

ピッチャーは、点数をリードしていても気を
抜けないし、逆に相手チームにリードされる
と重圧が重くのしかかってきます。

孤独なポジションかもしれません。

e0103024_14473846.jpg

今日の試合では中盤で逆転され、その後、
また優位に戻り、最終回にまたもやピンチを
迎えましたが、うまく切り抜け、6-5で勝って
くれました。

息子は、明日も早朝から三田での試合に
向かうようです。
by kazalisaleo | 2013-10-26 14:46 | ひとり言 | Comments(0)

晴男

夕方から激しく降り出した雨は、ライヴが始まる頃
には上がり助かりました。

足元の悪い中、多数、ご来観いただきまして、どうも、
有難うございました。

e0103024_163566.jpg

今夜のソロ・ライヴの第一セットのテーマは、急遽、
生誕90年、没後60年を迎えたハンク・ウイリアムズ
にしました。

"Lovesick Blues"、"Your Cheatin' Heart"、
"Cold, Cold Heart"などの有名曲も歌いましたが、
"Neath The Cold Gray Tomb Of Stone"、
"The Log Train"、"I'll Never Get Out Of
This World Alive"のような渋めの歌もハンクの
エピソードと共に披露しました。

フォートワースでのソロ・ライヴは、今夜で丸4年が
経過したということです。

月に一度の楽しみなライヴです。
by kazalisaleo | 2013-10-25 01:08 | ひとり言 | Comments(0)

ブルーグラスな夜

持参した手書きのブルーグラス・ソングブック
から6曲ほど歌いました。

やはりブルーグラス・ソングは、自分にとって
歌い易いというか、慣れているというか...

e0103024_019225.jpg

今夜も、あっという間の1時間でした。
by kazalisaleo | 2013-10-24 00:19 | ひとり言 | Comments(0)

手書きのソングブック

あと数時間後、さくらFMのスタジオへ生放送
に行きます。

e0103024_17111880.jpg

今日はカントリー・アーティストたちが歌った
ブルーグラスの特集ですので、30年前に
使っていた手書きのブルーグラス・ソングブック
を持参して、懐かしいブルーグラス・ソングを
弾き語ろうと思います。

今夜、午後8時からさくらFM(78.7MHz)です。

どうぞ、(サイマル放送で全国から)お聴き
ください。
by kazalisaleo | 2013-10-23 17:10 | ひとり言 | Comments(0)

マイク・コンプトン来日決定!

マンドリニスト、マイク・コンプトンが、12月に
来日することになりました。

e0103024_9441085.jpg

6年ぶりの来日となりますが、ナッシュヴィル・
ブルーグラス・バンドで活躍しながら、近年では
エルヴィス・コステロ、レオン・ラッセルらビッグ・
アーティストとの共演などマンドリン・プレイヤー
として不動の地位を築いています。

下記の日程で日本各地を回りますので、どうぞ、
お見逃しなきように!

12月8日(日)熊本・TSUTAYA Music Cafe Morricone
「稲葉和裕&マイク・コンプトン」
12月10日(火)徳島(予定)
12月11日(水)東京・バックインタウン「稲葉和裕&マイク・コンプトン」
12月12日(木)名古屋・リトルビリッジ
12月13日(金)大阪・アナザードリーム
12月15日(日)神戸・神戸酒心館「カントリー・クリスマス・コンサート2013
featuring マイク・コンプトン」

私とマイクの共演は、12/8熊本、12/11東京、
12/15神戸の3箇所となります。

久し振りの共演、どんなライヴになるか今から
楽しみです。
by kazalisaleo | 2013-10-23 09:42 | ひとり言 | Comments(0)