あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
今年のゲイラックス・フィ..
by kazalisaleo at 22:41
いつも番組をお聴きいただ..
by kazalisaleo at 23:05
カントリー、ブルーグラス..
by 平太 at 23:19
メッセージ、どうも有難う..
by kazalisaleo at 06:58
お誕生日おめでとうござい..
by けんつく at 06:50
ありがとうございました!..
by 今村 at 22:42
MEGA ELVISは5..
by 平太 at 00:39
本当に思いで多き二年前の..
by kazalisaleo at 00:54
本当に思いで深い素晴らし..
by ミラーボール at 18:36
どうぞ、お大事にされてく..
by kazalisaleo at 11:17
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


エド・ネフ at ロッキートップ

来日中のエオド・ネフ夫妻と東京で合流し、
銀座・ロッキートップで数十年ぶりの共演
が実現しました。

エドの流れるようなフィドルを聴くと数十年
のブランクがあっと言う間に縮まっていく
ことを感じました。

e0103024_09165954.jpg

70年の人生をブルーグラスにかけたミュージ
シャンの音楽を楽しませていただきました。

# by kazalisaleo | 2017-10-11 09:19 | ひとり言 | Comments(0)

R.I.P. 稲葉悦郎

去る10月6日、父、稲葉悦郎が90歳の人生
を閉じました。
昨日、10月9日に家族葬を執り行ないました。
皆様にご連絡できませんでしたことをお詫び
申し上げます。
父が生前にお世話になりました皆様には
から厚く御礼申し上げます。

父は、カントリー、ブルーグラス、とりわけ
オールドタイム・ミュージックが好きでフレイ
リング・スタイルのバンジョーを楽しく弾いて
いました。
クラシック(特にベートウヴェン)、奄美音楽、
絵画(特にレンブラント)、油絵(元創造美術
会員)も大好きでした。

本職の木彫は、朝から夜までほとんど毎日、
マイペースで80代後半まで続けてくれてい
ました。
宝塚フェスや宗右衛門町まつりで息子や孫
たちとも演奏を楽しみました。

これからも亡き父の大好きだった音楽を演奏
していきたいと思います。

稲葉正俊
稲葉和裕

We're sad to announce that our father,
Etsuro Inaba, passed away yesterday
morning at 7:46 (October 6) in the hospital.
He was 90 years old (born in 1926) and
he passed away pretty much in his sleep.

He loved music - classical, country, bluegrass
& old time, paintings (especially Rembrandt),
his profession - wood-curing work, African
wild animals, old-time banjo, his wife Niwako,
two sons, four grandchildren, two great-grand-
children, and friends.
He was one happy person who loved his
family, and he had a good life, we believe.

We held the funeral service by only family
yesterday, October 9, 2017.

We appreciate all your friendship with our
father over the years and prayers.

Best regards,

Masatoshi & Kazuhiro Inaba

# by kazalisaleo | 2017-10-10 08:05 | ひとり言 | Comments(0)

エド・ネフ in 東京

いよいよ本日、10月10日(火)はロッキー
トップでのブルーグラス・バディーズの
ライヴで、来日中のエド・ネフとの共演が
実現します。

素晴らしいミュージシャンたちにサポート
いただきます。
友情出演の豪華ゲストの皆様とのセッション
もあります。
どうぞ、ロッキートップにご来観ください!

10月10日(火)「稲葉和裕&ブルーグラス・
バディーズ - スペシャル・ライヴ」

ライヴ ①19:30~ ②20:40~ ③21:45~
(各40分ステージ)

銀座・ロッキートップ
●地下鉄銀座線「銀座」駅A2出口徒歩3分
●地下鉄丸の内線「銀座」駅1C4出口徒歩5分
●地下鉄大江戸線「汐留」駅出口③徒歩8分
●JR線「新橋」駅-銀座口徒歩6分
●JR線「有楽町」駅-中央口徒歩7分
東京都中央区銀座7-8-19
(03)3571-1955

ライヴ・チャージ 3,000円
[
ご予約推奨]
(テーブル・チャージが加算されます。)

■出演
稲葉和裕&ブルーグラス・バディーズ
稲葉和裕(ヴォーカル、ギター)
村井振一(バンジョー)、小島慎司(ドブロ・ギター)
村田彩子(ベース)
スペシャル・ゲスト:エド・ネフ(フィドル、マンドリン)

友情出演:本間正敏(マンドリン)
加藤保久(マンドリン)、山田拓斗(フィドル)ほか






★ブルーグラスの老舗ライヴハウスで繰り広げられる
稲葉和裕のブルーグラスの世界。
東京で活躍するブルーグラス・ミュージシャンとの共演
をお楽しみください。

今回は、ヴァーン・ウイリアムズ・バンドのフィドラー
として活躍され、稲葉和裕のアルバム「ショアー・トウ・
ショアー」と「ハード・タイムズ・カム・アゲイン・ノー・
モア」で共演いただいた素晴らしいブルーグラス・
フィドラー、エド・ネフがゲスト出演します。
どうぞ、お見逃しなきように!
なお、当日は混み合う場合もございますので、ご予約を
お奨めさせていただいております。

お問い合わせ
 ロッキートップ (03)3571-1955


# by kazalisaleo | 2017-10-10 00:10 | ひとり言 | Comments(0)

波賀城観月会

兵庫県宍粟市の波賀町で開催された
「第29回しそう波賀城観月会」で
稲葉和裕トリオで演奏させていただき
ました。

e0103024_01463816.jpg

雨は上がっていたものの開催時間帯
の夜空は、残念ながら雲や霧に覆われ、
折角の名月を拝むことができません
でした。

e0103024_01441843.jpg

月や星がタイトルや歌詞になった歌を
中心にお楽しみいただきました。

会場はとても美しく幻想的な夕べでした。

# by kazalisaleo | 2017-10-08 01:44 | ひとり言 | Comments(0)

エド&ブリジット・ネフ来日!

結婚50周年を記念した旅行でカリフォルニア州
からエド&ブリジット・ネフ夫妻が10月4日に
無事に来日されました。

e0103024_00571225.jpg

エドは、カリフォルニアのブルーグラスの普及
に大いに貢献したミュージシャンです。

私のファースト・アルバム"Shore To Shore"と
セカンド・アルバム"Hard Times Come Again
No More"にフィドルで参加いただきました。

今回の旅行では、東京、西宮、神戸と三公演
しかありませんので、どうぞ、お見逃しなきように!

10月10日(火)東京・ロッキートップ「ブルーグラス・バディーズ」
10月14日(土)西宮・甲陽園小学校「社協ふれあいフェスティバル」
10月15日(日)神戸・生田文化会館「想い出のカントリー名曲集」

# by kazalisaleo | 2017-10-07 00:57 | ひとり言 | Comments(0)

思い出のLPアルバム

ず~と、ず~と探していたLPアルバム、'70年代
に東和レコードからリリースされたリリー・ブラザ
ーズ&ドン・ストーヴァーのライヴ盤「ホリデー・
イン・ジャパン Part 1」をある方からいただくこと
ができました。

e0103024_00542734.jpg

中学生の時にこのアルバムをカセットテープに
録音して、毎日、毎晩、よく聴いたものでした。

SIDE-A
1. Why Did You Wander
2. Introduction
3. The World Is Waiting For The Sunrise
4. Weeping Willow

SIDE-B
1. Foggy Mountain Breakdown
2. The Rosewood Casket
3. Billy In The Lowground
4. Little Annie
5. Fire In The Mountain
6. Red Wing

'82年の火事で消失してから、Part 2、Part3は
入手できたのですが、一番好きなPart 1と長く
巡り合うことができませんでした。

貴重な思い出のアルバムをお送りいただき感謝
感激です。

どうも、有難うございました!

# by kazalisaleo | 2017-10-04 00:54 | ひとり言 | Comments(0)

2017年度 IBMAアワード受賞者発表

先週は、ノース・キャロライナ州ローリーで
開催されたブルーグラスの祭典「IBMA
World Of Bluegrass」が盛り上がったようです。

日本からは、結成50周年を記念してブルーグラス
45が出演されました。

最優秀ギター・プレイヤーには女性で初の受賞
となったモーリー・タットル、最優秀マンドリン・
プレイヤーも女性、シエラ・ハゥルと女性ブルー
グラッサーの活躍が目立ちます。

e0103024_13432929.jpg

2017年度のIBMAアワードの各賞は下記の通りです。

Entertainer of the Year: Earls of Leicester
Vocal Group of the Year: Flatt Lonesome
Instrumental Group of the Year: Michael Cleveland & Flamekeeper
Song of the Year: “I am a Drifter” (written by Donna Ulisse and Marc Rossi)
Album of the Year: Balsam Range, Mountain Voodoo
Female Vocalist of the Year: Brooke Aldridge
Male Vocalist of the Year: Shawn Camp
Emerging Artist of the Year: Volume Five
Gospel Recorded Performance of the Year: Gibson Brothers’ “I Found a Church Today”
and Joe Mullins & Radio Ramblers’ “Sacred Memories” (tie)
Instrumental Recorded Performance of the Year: Michael Cleveland, “Fiddler’s Dream”
Recorded Event of the Year: “I’ve Gotta Get a Message to You”
Bobby Osborne with Sierra Hull, Alison Brown, Rob Ickes, Stuart Duncan, Trey Hensley
Todd Phillips, Kenny Malone, Claire Lynch and Bryan McDowell
Banjo Player of the Year: Noam Pikelny (Punch Brothers)
Bass Player of the Year: Alan Bartram (Del McCory Band)
Dobro Player of the Year: Josh Swift (Doyle Lawson & Quicksilver)
Fiddle Player of the Year: Patrick McAvinue
Guitar Player of the Year: Molly Tuttle
Mandolin Player of the Year: Sierra Hull


# by kazalisaleo | 2017-10-02 13:42 | ひとり言 | Comments(0)

新しいピックガード

2000年に作っていただいたマンドリンの
セルロイド製のピックガードが経年で変質
したので、新しい物に付け替えていただき
ました。

e0103024_23254913.jpg

交換後は、以前のような反りや変質もなく
快適に弾けるようになりました。

もっと早く交換を依頼すれば良かったと
感じています。

# by kazalisaleo | 2017-09-30 23:26 | ひとり言 | Comments(0)

アピール

ギターの調子は、日によって様々ですが、
調子の良いギターはバンバン鳴って自分
をアピールしてくるように最近感じるように
なりました。

e0103024_14102536.jpg

そのアピールをこちらが感じ取って、ライヴ
に持参する楽器を選ぶ時もあります。

e0103024_14104344.jpg

昨日は、1991年製のヘンダーソン000-42
が生き生きとしたサウンドでアピールして
きました。

そして、3時間のライヴ、ギター一本で乗り
切りました。

# by kazalisaleo | 2017-09-29 14:10 | ひとり言 | Comments(0)

初秋のソロ・ライヴ

昨夜のフォートワースでの「稲葉和裕ソロ・
ライヴには多数、ご来観いただきまして、
どうも有難うございました。

e0103024_14011731.jpg

第1セットでは、9月8日に78歳で他界された
"The Gentle Giant"、ドン・ウイリアムズが
歌った曲を歌わせていただきました。

第2、第3セットでは皆様からいただきました
リクエスト曲にもお応えして30曲以上歌わせ
ていただきました。

e0103024_14014654.jpg

次回の稲葉和裕ソロ・ライヴは、10月26日
(木)です。
どうぞ、お楽しみに!

# by kazalisaleo | 2017-09-29 14:02 | ひとり言 | Comments(0)