あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
昨日は、20周年記念公演..
by kazalisaleo at 17:02
20周年記念公演 ひとき..
by アララギ at 01:20
メリー・クリスマス!
by kazalisaleo at 02:01
(カシミヤの)セーターに..
by アララギ at 23:59
お陰様で「売約済」となり..
by kazalisaleo at 00:08
偲ぶ 忘れない というこ..
by アララギ at 00:26
16歳ですか....長寿..
by kazalisaleo at 22:26
カズさん 可愛い連れと散..
by アララギ at 22:17
ブルーリッジやヴァージニ..
by kazalisaleo at 20:05
瞼を閉じて 聞いていると..
by アララギ at 11:33
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


講座続き

今週も月曜から金曜までの5日間連続
の講座が終了しました。

今週も、興味深い曲を皆様と一緒に歌う
ことができました。

e0103024_22572171.jpg

3月も今月と同じパターンになるので、
ちょっと疲れますが、頑張らねば...。

# by kazalisaleo | 2019-02-22 22:58 | ひとり言 | Comments(0)

白黒の世界

今朝は、昨夜からの雨が上がり、霧が
薄っすら立ち込めた中を散歩しました。

e0103024_22011851.jpg

霧の日は、白黒の世界で幻想的です。

# by kazalisaleo | 2019-02-20 22:01 | ひとり言 | Comments(0)

ブルーグラス・ランブル 20年間の歩み

ブルーグラス・ランブル20年間の歩み
1999 - 2019

今年、バンド結成20周年を迎えましたブルー
グラス・ランブルのこれまでの歩みを簡単に
ご紹介させていただきます。
何度か会場を変更しながら、継続したライヴ
活動を続けてまいりました。二度のメンバー
交替を乗り越え、ブルーグラス・ミュージック
を追求してきました。
どうぞ、時系列でブルーグラス・ランブルの
歩みをお楽しみください!

e0103024_00175976.jpg

●1999年1月から中津のミノヤホールで第1回目
のブルーグラス・ランブルを開催しました。
当時のメンバーは、大西一由(マンドリン)、向井
祐仁(バンジョー)、蔦川 元(フィドル)、石平祐二
(ベース)、稲葉和裕(ギター)でした。
故伊集院博さんに、長年、司会をお務めいただき
ました。

e0103024_00182512.jpg

●2000年、バンジョーの向井祐仁氏から
ランディー・コットン氏に代わりました。

e0103024_00184568.jpg
e0103024_00190050.jpg

●2001年に会場を桜ノ宮・辻久子記念弦楽
アンサンブルホールに移し、キース・リトルや
ブッチ・ロビンス、関西で活躍されていました
バンドにもゲスト出演いただきました。

e0103024_00191813.jpg

●2006年1月、会場をシアトリカル應典院に
移しましたが、日程確保が困難だったため、
同年7月よりOCCホールでの開催となりました。
第100回記念公演には、サミー・シーラー、
マロ・カワバタ、ジェニファー・ストリックランド
にも友情出演いただきました。

e0103024_00193534.jpg

●2007年6月には、会場を古巣、ミノヤホール
に再び移し、マイク・コンプトンのゲスト出演も
実現しました。

e0103024_00195931.jpg

●2009年1月から現在でもお世話になって
います西梅田・ミスターケリーズが新会場と
なり、素晴らしい音響環境の中、充実した
ご飲食も同時にお楽しみいただけるライヴ
として進化しています。

e0103024_11454413.jpg

●2009年10月、熊本・カントリーゴールド
に日本のバンドとして初めてブルーグラス・
ランブルが出演しました。

e0103024_00201611.jpg

●2015年5月、17年間在籍いただいたマンド
リンの大西一由氏に代わり、若手の伊藤創平氏
に新加入いただきました。

e0103024_00204913.jpg

●2019年1月、多くのファンの皆様に支えられ
バンド結成・連続ライヴ継続20周年を迎える
ことができました。

今後も更にお客様に楽しんでいただけるブルー
グラス・ライヴを継続していきたいと考えています
ので、どうぞ、引き続き、ブルーグラス・ランブル
のご支援をよろしくお願い致します。

# by kazalisaleo | 2019-02-18 00:21 | ひとり言 | Comments(0)

日程の訂正

オフィス・ホワイト・オークのオフィシャル・
ホームページ内の"What's New"で、
2月のさくらFM放送日とフォートワース
での稲葉和裕ソロ・ライヴの日程に誤り
がございました。
お詫びして、訂正させていただきます。

正しい日程は、下記の通りです。

2月27日(水)さくらFM「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」


2月28日(木)西宮・フォートワース「稲葉和裕ソロ・ライヴ」


なお、"Schedule"と"携帯サイト"には
誤りはありませんでした。

どうぞ、日程のお間違えがないように
お願い申し上げます!


# by kazalisaleo | 2019-02-17 22:43 | ひとり言 | Comments(0)

2018年度ブルーグラス・ランブル皆勤賞

2018年度の開催されたブルーグラス・ランブル
全6公演すべてにご来観いただきました方々に
皆勤賞の賞状と記念品をお渡ししました。

e0103024_16545051.jpg

記念品は、世界に13個しかないブルーグラス・
ランブル缶バッジです。

なお、昨日のブルーグラス・ランブル20周年
記念公演にご来観いただきました皆様は、どうぞ、
チケットを保管いただきまして、2019年度の
皆勤賞獲得を目指してくださいませ。


# by kazalisaleo | 2019-02-17 16:55 | ひとり言 | Comments(0)

祝 高校卒業

今日は、ブルーグラス・ランブルのライヴと
娘の卒業式が重なってしまいました。

e0103024_00024261.jpg

e0103024_00031065.jpg

残念ながら娘の卒業式には参列できません
でしたが、ささやかな卒業祝いの食事を家族
で楽しみました。

# by kazalisaleo | 2019-02-17 00:03 | ひとり言 | Comments(0)

満員御礼

今年からブルーグラス・ランブルの開催日が
土曜日となり心配していましたが、本日の
「ブルーグラス・ランブル20周年記念公演」
は大入満員となりました。

e0103024_23513420.jpg

ご来観いただきました皆様、お心をお寄せ
いただきました皆様、どうも、有難うござい
ました。

e0103024_23531287.jpg

20年間をしばし振り返ることができ、今後
の活動への強い意志を確認することができた
思い出に残る周年記念公演になりました。

e0103024_23515300.jpg

2018年度の皆勤賞の受賞者は8名様でした。

e0103024_23524258.jpg

また、バンド・メンバー全員にお花をお贈り
いただきまして、どうも、有難うございました!

# by kazalisaleo | 2019-02-16 23:53 | ひとり言 | Comments(2)

明日 ブルーグラス・ランブル20周年記念公演!

いよいよ明日は、ブルーグラス・ランブルの
20周年記念公演です。
20年間の想いと感謝を込めて、歌い、奏で
たいと思います。
どうぞ、ご来観下さい!

e0103024_00291154.jpg

2月16日() 「ブルーグラス・ランブル 20周年記念公演」

開場 正午 開演 午後1時 (終演予定 午後3時30分)

ミスターケリーズ

大阪市北区曽根崎新地2-4-1
ホテルマイステイズ堂島1F
ご予約(06)6342-5821
●JR「北新地」駅下車徒歩3分
●地下鉄四つ橋線「西梅田」駅下車徒歩3分
●地下鉄御堂筋線、阪急、阪神「梅田」駅下車徒歩10分
※付近に有料駐車場は点在しています。

ライヴ・チャージ 3,000円
(税込)[ご予約推奨]
(ワンフード&ワンドリンク、または2ドリンクをご注文ください。)

■出演
ブルーグラス・ランブル
稲葉和裕(ギター)
ランディー・コットン(バンジョー)、蔦川 元(フィドル)
伊藤創平(マンドリン)、石平祐二(ベース)

★2019年からミスターケリーズでのブルーグラス・
ランブルは、土曜日の午後の開催となります。
本年も「本物のブルーグラス」を皆様にお楽しみ
いただきます。

本公演でブルーグラス・ランブル結成20周年を
迎えます。そして、会場をミスターケリーズに
移して10年が経過いたしました。 長年、多くの
皆様に支えられ、定期ライヴを欠かすことなく
継続してくることができました。
皆様のご支援に深く感謝申し上げます。

皆様に感謝をこめて20周年記念公演に臨みたい
と考えています。
また、2018年度の皆勤賞の授与式も予定して
います。
どうぞ、ご来観ください!

お問い合わせ ミスターケリーズ(06)6342-5821

# by kazalisaleo | 2019-02-16 00:29 | ひとり言 | Comments(0)

ヴァレンタイン・チョコレート・パイ

昨日、東京から帰宅すると机の上に
娘の手作りヴァレンタイン・チョコレート・
パイが置かれていました。

e0103024_23252246.jpg

今日、美味しくいただきました!

# by kazalisaleo | 2019-02-15 23:25 | ひとり言 | Comments(0)

初顔合わせ

第2火曜日の夜は、恒例の銀座・ロッキー
トップでのブルーグラス・バディーズのライヴ
でした。

e0103024_22151364.jpg

本間正敏氏のパワフルなヴォーカルとマンドリン、
小寺拓実氏のハイテクなバンジョー、近藤友宏氏
の安定感満載のベースとのアンサンブルは、今回
初顔合わせで、いつものようにリハーサルはあり
ませんでしたが、息がピッタリ合ったライヴとなり
ました。

来月も3月12日(火)銀座・ロッキートップでブルー
グラス・バディーズのライヴです。
どうぞ、お楽しみに!

# by kazalisaleo | 2019-02-14 22:17 | ひとり言 | Comments(0)