あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
コメントを読むのも遅かっ..
by kazalisaleo at 21:12
 今日、正月一日、午後..
by 平太 at 13:20
そうだったんですね。 ..
by kazalisaleo at 09:08
神戸市長田区で、市や..
by 平太 at 12:08
ご来観いただきまして、ど..
by kazalisaleo at 20:21
さっき、KAVCシアター..
by 甘辛しゃん at 19:08
  カントリーやブルーグ..
by 平太 at 11:21
確かに"North To..
by kazalisaleo at 21:54
20時30分ごろ放送..
by 平太 at 18:11
本当に残念でした。しかし..
by kazalisaleo at 21:55
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


球児の夏

甲子園球場での高校野球が閉幕しました。
酷暑の中での連日の熱闘で、チームがひとつ
になり、目標に向かって突き進む若者の姿に
感動を覚えます。

勝ち負けよりも、そこに至るまでの過程に
大切さを感じます。

球児の夏_e0103024_07628.jpg

そんな日の午後、ひとりの少年が期待に
胸を膨らませて野球チームのユニフォーム
を手にしました。

私もささやかな応援の意味で、同チーム
のキャップを購入しました。

思い返せば、私も小学生の頃は、いつも
野球帽を被っていました。

そして、当時の将来の夢は、野球選手に
なることでした。
by kazalisaleo | 2010-08-21 23:56 | ひとり言 | Comments(2)
Commented by 平太 at 2010-08-23 15:00 x
  稲葉さんも少年時代を含め、何度か甲子園球場の
スタンドで高校球児たちの手に汗握る熱戦をご観戦に
なられた思い出があるかもしれませんね。

 聖地・甲子園球場が新たに生まれ変わってから1年
何ヶ月かたちましたが、やはり高校野球は真夏の太陽
を受けて各チームの応援団と一体となって声援が送れ
るアルプスあたりがベストでしょう。

 野球に興味を持ち始めた今から33年前の中学1年
の夏休みにほぼ満員の外野席で見た、相手チームは
ちょっと忘れましたが東洋大姫路高校の決勝戦のとき
にも、チーム一体となって目標に向かって突き進んで
きた道のりの大きさも感じながら、スコアボードのすぐ
そばで勝利の旗を掲げるロープをたぐるナインの姿を
目の当たりにした記憶がよみがえりました。

Commented by kazalisaleo at 2010-08-24 01:28 x
甲子園球場には、高校野球の観戦には入ったことは
ありませんが、小学生の頃、阪神とどこかのチームとの
ゲームを観に行ったことがあります。

テレビ画面ではない本当の球場のスケールと雰囲気は
今でもよく覚えています。

それっきり行ったこがないので、また、是非、観戦に
行きたいものです。
<< 各停の来ない駅 ユリの出迎え >>