あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
メッセージ、どうも、有難..
by kazalisaleo at 16:53
   もしも、稲葉さん..
by 平太 at 16:33
有難うございます。 フ..
by kazalisaleo at 18:57
おめでとうございます。う..
by akaru at 10:31
少年と犬と。 まとめて ..
by アララギ at 00:36
有難うございます。 デ..
by kazalisaleo at 17:31
平太さん、いつも番組をご..
by kazalisaleo at 17:30
一年の最終月には、クリス..
by 平太 at 02:24
寝顔 可愛すぎなり。
by アララギ at 00:19
今年のゲイラックス・フィ..
by kazalisaleo at 22:41
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


今夜のさくらFM音楽室

今夜のさくらFM音楽室「稲葉和裕のミュー
ジック・ジャーニー」では、自らのアルバム
全6作と弾き語りの一時間でした。

e0103024_23271393.jpg

1986年のフォースト・アルバム「ショアー・トゥ・
ショアー」から2009年の「カントリー・ハート」
まで音源を一曲ずつと弾き語りで一曲ずつ
お聴きいただきました。

次回の「稲葉和裕のミュージック・ジャーニー」
は、7月25日(水)です。
どうぞ、お楽しみに!

by kazalisaleo | 2018-06-27 23:27 | ひとり言 | Comments(2)
Commented by 平太 at 2018-07-01 16:33 x
   もしも、稲葉さんの32年間の軌跡が綴られたベスト・アルバムの発表が決まれば、必ず選ばれて収録間違いなし、のナンバーが、デビューアルバムから順を追って音源と生歌で見事に構成され、選曲も中程に
   哀愁に満ちた楽曲を入れられるなどバラエティ豊かで、改めて「稲葉カントリーサウンド」の魅力が余すところなく堪能できた、まさに、「Kaz,半端ないって!」と賞賛したくなる一時間でした。
   ヒットソングを作られないこと、演奏メンバーにも幾分か差別化を図られていらっしゃるのも(おなじみのブルーグラスランブルやレインボーヴァリーの皆様によるものが見当たらないようですが)今日に至
   って好評で、人気を維持できる秘訣のひとつとも想像できますね。
Commented by kazalisaleo at 2018-07-01 16:53
メッセージ、どうも、有難うございます。
あっと言う間の32年間でした。
また、次のステップを作らなければ....と、思っています。
<< 歴史と文化の散歩道 今週のライヴ >>