あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
ブルーリッジやヴァージニ..
by kazalisaleo at 20:05
瞼を閉じて 聞いていると..
by アララギ at 11:33
アメリカの歌なのに、アメ..
by kazalisaleo at 00:23
 前番組「煌めく!あの日..
by 平太 at 20:54
良い写真をたくさん、どう..
by kazalisaleo at 13:05
おはようございます。 ..
by wonderfuldayss at 10:41
    今年の我が国各地..
by 平太 at 12:06
メッセージ、どうも、有難..
by kazalisaleo at 16:53
   もしも、稲葉さん..
by 平太 at 16:33
有難うございます。 フ..
by kazalisaleo at 18:57
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


時の流れ

今夜は、松原でのギター講座の第3回目
でした。

第1曲目の課題曲、"My Darling Clementine"
の復習と確認をしてから、今回から第2曲目
の課題曲、フォスターの"My Old Kentucky
Home" にトライしていただきました。

コード転換と取っ組み合いをしている方、
また、ストロークに慣れようと努力している方、
皆さん、頑張っておられます。

e0103024_05326.jpg

ある高校生の受講生に、お尋ねました。

「'マイ・オールド・ケンタッキー・ホーム'は
聞いたことありますか?」
「フォスターって、知っていますか?」

彼は、「曲は聞いたことはあるけれど、
学校では習わなかったし、フォスターって
知りません。」と答えてくれました。

残念ながら、恐らくアメリカでも同じ状況
だと思います。

素晴らしいメロディーなのに.......
by kazalisaleo | 2006-11-07 00:07 | ひとり言 | Comments(7)
Commented by 黒髪のジェニー at 2006-11-07 01:32 x
初めて暗譜で歌った英語の歌は”金髪のジェニー”だったと思います。
確か高校生でした。
ジェニーの長い金髪が風になびく様子が目に浮かぶようでした。
あれから数十年、今こうして英語の歌を歌ってい自分がいるのも
何かのご縁があったのかな?
Commented by きお at 2006-11-07 10:57 x
当時、聴いても不良のように思われたビートルズの楽曲が音楽の教科書に載るなんて思いもよらなかった。世代交代の感があります♪
Commented by kazalisaleo at 2006-11-07 11:58 x
ある特定の曲を聴くと、当時のことを思い出す曲があります。
僕の場合は、ビル・モンローの"Footprints In The Snow"
を聴くと、バンジョーも弾けなかった中学生時代の気持ちが
甦ります。
スタットラー・ブラザーズの80年代の録音を聴くと、アメリカで
一人寂しくグレイハウンドバスに揺られていた時のことを思い出
します。
皆さん、各々、そういう曲をお持ちなのでしょう。
これからの若い人たちにも、綺麗なメロディーの曲と出会って
ほしいと思います。
Commented by hi shimizu at 2006-11-07 12:32 x
ギター教室の受講生です。やっとGコードが押せるようになりました。それと、コードとキーの関係を聞き、早速家で家内にレクチャーしました。
ちなみに、本日はウクレレ教室です。なぜ、ウクレレかと言いますと、小さな楽器でコードも楽に押さえられます。リズム楽器としては気楽で良いなーとギター教室の前に申し込んでいました。二股で頑張ります。
Commented by kazalisaleo at 2006-11-07 13:42 x
連日の楽器レッスン、頑張ってください。
きっと、ふたつともうまく弾けるようになると思います。
楽しんで、練習してください。
Commented by kuragaki at 2006-11-07 21:37 x
以前、習っていたピアノが再び弾けるようになりたくて、音楽教室に通い始めました。数十年ブランクがあるので「ナカナカ」ですが楽しくレッスンしています。○○の手習いです。
現在の課題曲は、“ラブ・ミー・テンダー”と“サウンド・オブ・サイレンス”です。ギターは、若い頃 『Fのコード』 で挫折してしまいました。
Commented by kazalisaleo at 2006-11-07 23:04 x
ピアノ、いいですね。
僕もピアノが弾きたくてたまりませんが、忍耐力がなく
諦めてしまいます。(レッスンを受けたわけではありませんが。)

ギター講座では、問題の「Fコード」で挫折しないように、Fコードは
後回しか、省略形のコード・フォームをご紹介しています。
ピアノ・レッスン、頑張ってください。
皆さん、なかなか、「音楽の秋」を謳歌されているようですね。
<< レッスン日和 はしご >>