あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
ご来観いただきまして、ど..
by kazalisaleo at 20:21
さっき、KAVCシアター..
by 甘辛しゃん at 19:08
  カントリーやブルーグ..
by 平太 at 11:21
確かに"North To..
by kazalisaleo at 21:54
20時30分ごろ放送..
by 平太 at 18:11
本当に残念でした。しかし..
by kazalisaleo at 21:55
15年前の番組開始当時は..
by kazalisaleo at 21:53
ザンネン! あと一歩だ..
by 甘辛しゃん at 12:56
先日、ミュージック・ジャ..
by nishikawa at 16:48
本日の予定されていました..
by kazalisaleo at 12:24
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2011年 09月 24日 ( 2 )

初参加

芦屋トライアルズのジュニアチームの4年生
が公式戦終了を期に高学年チームに移行
したのに伴い、父親コーチ陣も同じく移られ、
ジュニアチームのコーチの人数が少なくなり
ました。

今日の午後、一大決心をして、ジャージ姿
に着替え、野球帽を被り、グラブを持って
練習場に出向きました。

球拾いでもと安易に思っていたのですが、
ヘッドコーチが父兄6名を守備に配置し、
子供たちを順番にバッティングさせる練習
メニューに初参加させていただきました。

初参加_e0103024_21234548.jpg

ショートを守ったのですが、打球が自分に
向かって飛んでくると、やはり焦ります。
視界のボール以外はすべてピントがぼけ、
全員の視線を感じます。

運良くボールを手にしても、どこに投げる
べきか迷う時もあります。

子供が見ているので、あまり無様な姿も
見せたくないので、余計に緊張します。

また、チェンジがないので休憩がなく、
連続でボールが飛んできた時や、2塁の
けん制で動き回ると、結構、息があがり
ます。

野球は、見ていると簡単そうに見えますが、
実際にやってみると、とても難しいスポーツ
です。

久しぶりの野球、親子でグラウンドに
立てること、練習の後の冷えた麦茶の
美味しいこと、また、ステージで味わう
緊張感とまた違うそれを楽しみました。
by kazalisaleo | 2011-09-24 21:31 | ひとり言 | Comments(3)

"A Teardrop On A Rose"

二日前のフォートワースでのソロ・ライヴで
"A Teardrop On A Rose"を歌いました。

先日、facebookでケンタッキーに住む女性から、
久しぶりに私のアルバム「ティアドロップ・オン・ナ・
ローズ」を聴いて、亡くなられたお父さんのことなど
を思い出されて、涙が出たというメッセージをいただ
きました。



悲しいラヴ・バラッド10曲を集めたアルバム、
「ティアドロップ・オン・ア・ローズ」は、2002年5月
にナッシュヴィルで「アメリカ南部の旅」のツアー中
の一日をいただいて、バディー・スパイカーのスタジオ、
フィドル・ハウスでレコーディングされました。

バディー・スパイカーのフィドルとヴィオラ、ボブ・
ムーアのベース、キース・リトルとキャシー・キアヴォラ
のハーモニー・ヴォーカルで構成されています。

2009年の再発売版では、"I'll Be All Smiles Tonight"
がボーナス・トラックで追加されています。

時を経て、見知らぬ方からアルバムの感想をいただ
けるのは嬉しいことです。
by kazalisaleo | 2011-09-24 10:35 | ひとり言 | Comments(0)