あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
ご来観いただきまして、ど..
by kazalisaleo at 20:21
さっき、KAVCシアター..
by 甘辛しゃん at 19:08
  カントリーやブルーグ..
by 平太 at 11:21
確かに"North To..
by kazalisaleo at 21:54
20時30分ごろ放送..
by 平太 at 18:11
本当に残念でした。しかし..
by kazalisaleo at 21:55
15年前の番組開始当時は..
by kazalisaleo at 21:53
ザンネン! あと一歩だ..
by 甘辛しゃん at 12:56
先日、ミュージック・ジャ..
by nishikawa at 16:48
本日の予定されていました..
by kazalisaleo at 12:24
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2012年 10月 02日 ( 4 )

スローな夕べ

朝夕は、やっとクーラーのお世話にならずに
快適です。

今夜は、久し振りに自宅でゆっくりと楽器を
弾くことができました。

e0103024_2347315.jpg

今週末のブルーグラス・ランブルの東京公演、
来週の丹波のイベント、来来週の神戸酒心館
でのブラザー・デュオなどコンセプトの違う
ステージの選曲をイメージしながら楽器を
弾いていると、もうすぐ日付が変わる時刻に
なってきました。

今夜は、この辺で店じまいとします。
by kazalisaleo | 2012-10-02 23:49 | ひとり言 | Comments(0)

忙しい子供たち

ようやく秋になり、朝夕が涼しくなりました。

今日は、珍しく夕方に在宅していて、息子もフリーという
ことでいつもの公園にキャッチボールに行きました。

e0103024_19341183.jpg

珍しくすでに公園には、7~8人の男子小学生の姿があり、
みんなで軽いキャッチボールの後、久し振りに暗くなるまで
ノックをして遊びました。

e0103024_19342569.jpg

午後5時半頃になると塾があるのか、一人減り、二人減って
いき、6時に残っていたのは私を含めて三人だけ...

昔と違って、最近の子供たちは色々と忙しいらしいく...
暇にしている大人の肩身が狭く感じてしまう。

子供は、もっと外で遊ばなあかん...のとちゃいますか?
by kazalisaleo | 2012-10-02 19:34 | ひとり言 | Comments(0)

魅惑のブラザー・デュオ

10月21日(日)に神戸酒心館で開催される
「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵
Vol. 18 ~ 魅惑のブラザー・デュオ」のチラシ
とチケットのご用意ができました。

神戸酒心館では初共演となる兄、稲葉正俊氏
をゲストに迎え、ブラザー・デュオを特集します。

整理番号の早い順番でご入場いただけますので、
どうぞ、オフィス・ホワイト・オークまでメール、
またはお電話でお買い求めください。

e0103024_9294944.jpg

10月21日(日)「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵
Vol. 18 ~ 魅惑のブラザー・デュオ」


開場 午後2時30分 開演 午後3時

神戸酒心館ホール
●阪神電車「石屋川」駅下車、石屋川沿いに南へ徒歩8分
●阪神電車「御影」下車、タクシーで約5分
●JR「六甲道」下車、タクシーで約5分
●国道43号線「東明」交差点のやや東側(60台収容駐車場有)
神戸市東灘区御影塚町1-8-17
(078)841-1121

チケット 前売 3,500円(きき酒付/全席自由)
[当日 4,000円]
※開場時のご案内は、チケットに印字された整理番号
の若い順番からご案内させていただきます。
オフィス・ホワイト・オークでは、若い順番のチケットを
ご用意しておりますので、お早めにお求めくださいます
ようお願い申し上げます。

■出演
稲葉和裕とレインボー・ヴァレー・カントリー・バンド
稲葉和裕(ヴォーカル、ギター、バンジョー)、星川太志(ドブロ・ギター)
石平祐二(アコースティック・ベース)、地倶清嗣(ドラムス)

ゲスト:稲葉正俊(ヴォーカル、マンドリン)

★神戸の地酒と灘の文化蔵として有名な神戸酒心館
ホールでの酒蔵コンサート。
木造の旧酒蔵を修復して作られた多目的ホールで、
日本でも馴染み深いアメリカ音楽の名曲をお楽しみください。

今回はゲストに、稲葉和裕の兄、稲葉正俊氏(名古屋の
ブルーグラス・バンド、オール・ザット・グラスのマンドリン
奏者)を迎え、兄弟息の合ったブラザー・デュオをお楽しみ
いただきます。

ご予約・お問い合わせ
オフィス・ホワイト・オーク (0798)72-0984
info@officewhiteoak.com
by kazalisaleo | 2012-10-02 09:32 | ひとり言 | Comments(1)

悲しすぎる歌

先日のフォートワースでのソロ・ライヴでジミー・
ロジャーズの悲しい歌を歌いました。

飲んだくれの父親を持った可愛そうな女の子の歌。
そんな状況の中で、この女の子は父親のことを気
にかけながら天に召される。

悲しすぎる歌。



"A Drunkard's Child"

My father is a drunkard, my mother, she is dead
And I am just an orphan child, no place to lay my head
All thru this world I wander, they drive me from their door
Some day I’ll find a welcome on Heaven’s golden shore

Now if to me you’ll listen, I’ll tell my story sad
How drinking rum and gambling hell has stole away my dad
My mother is in Heaven, where God and the angels smile
And now I know she’s watching her lonely orphan child

We all were once so happy and had a happy home
‘Till dad, he went to drinking rum and then he gambled some
He left my darling mother, she died of a broken heart
And as I tell my story, I see your teardrops start

Don’t weep for me and mother although I know ‘tis said
But try to get someone to cheer and save my poor lonely dad
“I’m awful cold and hungry” she closed her eyes and sighed
Then those who heard her story knew the orphan child had died

Written by Andrew Jenkins & Jimmie Rodgers
by kazalisaleo | 2012-10-02 00:54 | ひとり言 | Comments(0)