あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
ご来観いただきまして、ど..
by kazalisaleo at 20:21
さっき、KAVCシアター..
by 甘辛しゃん at 19:08
  カントリーやブルーグ..
by 平太 at 11:21
確かに"North To..
by kazalisaleo at 21:54
20時30分ごろ放送..
by 平太 at 18:11
本当に残念でした。しかし..
by kazalisaleo at 21:55
15年前の番組開始当時は..
by kazalisaleo at 21:53
ザンネン! あと一歩だ..
by 甘辛しゃん at 12:56
先日、ミュージック・ジャ..
by nishikawa at 16:48
本日の予定されていました..
by kazalisaleo at 12:24
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2013年 10月 28日 ( 3 )

ツンデレ

昨日は講座終了後、岡山からの夫婦デュオ、
Tune Delay(ツンデレ)がアビリーンでライヴ
をされるということでお店に残り、ライヴを観せ
ていただきました。

e0103024_12282991.jpg

磯山夫妻のバンジョーとギターとヴォーカル
のみのシンプルなアンサンブルから織り成
される心地よい音楽を楽しませていただき
ました。

e0103024_12284927.jpg

ライヴ後は、お店におられたミュージシャン
たちを交え、ジャム・セッションを楽しみました。
by kazalisaleo | 2013-10-28 12:30 | ひとり言 | Comments(0)

歌の深み

昨日のアビリーン・カントリー・ソング講座は、
"I Love You Because"と"Silver Wings"
でした。

e0103024_12201751.jpg

それぞれの歌の作者、レオン・ペインとマール・
ハガードの生い立ちや人生が分かると歌の
深みがグッと増します。

受講いただきました皆様、どうも、有難うござい
ました。

次回のアビリーン・カントリー・ソング講座は、
11月17日(日)です。
課題曲は、"Me And Bobby McGee"と
"Crazy"です。

ご興味のある方は、是非、どうぞ!
by kazalisaleo | 2013-10-28 12:20 | ひとり言 | Comments(0)

色々なフィドル

神戸酒心館での「アメリカン・ミュージック・ジャー
ニー in 酒蔵 Vol.20」から数曲、YouTubeに
アップされましたのでご覧ください。

「アメリカを奏でるヴァイオリンとフィドル」と題した
コンサートの最初は、アパラチアの山々で伝承
されたフィドルをイメージした"Amazing Grace"。



"Amazing Grace"

スコットランドやアイルランドからアメリカ大陸に
移民してきた入植者が故郷、スコットランドのバグ
パイプなどを思い出しているような楽曲。ビル・
モンローのブルーグラス・ナンバー、"Scotland"。




"Scotland"

アパラチア地方やアメリカ南部では、バンジョーと
フィドルの組み合わせで、人々が踊って楽しんだ。
南北戦争時代の兵士たちも恋人と踊る夢を見た
に違いない。



"Soldier's Joy"

フィドル・ミュージックのアンセム(賛歌)とも言う
べきフィドル・チューン、"Boil'em Cabbage
Down"。



"Boil'em Cabbage Down"

コンサートの最後を飾った曲は、やはり、"Orange
Blossom Special"。



"Orange Blossom Special"
by kazalisaleo | 2013-10-28 01:22 | ひとり言 | Comments(3)