あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
コメントを読むのも遅かっ..
by kazalisaleo at 21:12
 今日、正月一日、午後..
by 平太 at 13:20
そうだったんですね。 ..
by kazalisaleo at 09:08
神戸市長田区で、市や..
by 平太 at 12:08
ご来観いただきまして、ど..
by kazalisaleo at 20:21
さっき、KAVCシアター..
by 甘辛しゃん at 19:08
  カントリーやブルーグ..
by 平太 at 11:21
確かに"North To..
by kazalisaleo at 21:54
20時30分ごろ放送..
by 平太 at 18:11
本当に残念でした。しかし..
by kazalisaleo at 21:55
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2013年 11月 19日 ( 1 )

挑戦

若手バンジョー奏者、ノーム・ピケルニーが現在の
トップ・ブルーグラス・ピッカーズと共に、'70年代に
名フィドラー、ケニー・ベイカーがリリースしたビル・
モンローのインスト集、"Kenny Baker Plays Bill
Monroe"をカヴァーしたアルバム、"Noam Pikelny
Plays Kenny Baker Plays Bill Monroe"を
入手しました。

選曲、曲順もそのままに、しかし、単なるコピーでは
なく、彼らの解釈、表現で敬意を持って先人たちに
挑戦した興味深いアルバムです。

挑戦_e0103024_0255830.jpg

アルバム、"Kenny Baker Plays Bill Monroe"
では、ケニー・ベイカーがジョー・スチュアートの
強烈なリズム・ギター、ヴィック・ジョーダンとボブ・
ブラックの華麗なバンジョー、ブルーグラス・ボーイ、
ランディー・デイヴィスのベース、スペシャル・ゲスト
の御大、ビル・モンローのマンドリンと共に完璧な
ブルーグラス・フィドルを聞かせます。

そして、新譜、"Noam Pikelny Plays Kenny
Baker Plays Bill Monroe"では、主役、ノーム・
ピケルニーの自由自在のメロディック・バンジョーに、
フィドルの最高峰、スチュアート・ダンカン、ブルー
グラスの申し子、ロニー・マッコーリー、スーパー・
ギタリストのブライアン・サットン、そして、ソリッド
なベースを披露するマイク・バブが絡みます。

こうして二枚のアルバムを聴き比べると、改めて
ケニー・ベイカーの素晴らしさと、ビル・モンロー
の偉大さが浮き彫りになりました。

音の数やテクニックだけではない、息や勢いの
大切さを感じます。

とても勉強になる二枚のアルバムです。
by kazalisaleo | 2013-11-19 00:28 | ひとり言 | Comments(0)