あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
ブルーリッジやヴァージニ..
by kazalisaleo at 20:05
瞼を閉じて 聞いていると..
by アララギ at 11:33
アメリカの歌なのに、アメ..
by kazalisaleo at 00:23
 前番組「煌めく!あの日..
by 平太 at 20:54
良い写真をたくさん、どう..
by kazalisaleo at 13:05
おはようございます。 ..
by wonderfuldayss at 10:41
    今年の我が国各地..
by 平太 at 12:06
メッセージ、どうも、有難..
by kazalisaleo at 16:53
   もしも、稲葉さん..
by 平太 at 16:33
有難うございます。 フ..
by kazalisaleo at 18:57
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

挑戦

若手バンジョー奏者、ノーム・ピケルニーが現在の
トップ・ブルーグラス・ピッカーズと共に、'70年代に
名フィドラー、ケニー・ベイカーがリリースしたビル・
モンローのインスト集、"Kenny Baker Plays Bill
Monroe"をカヴァーしたアルバム、"Noam Pikelny
Plays Kenny Baker Plays Bill Monroe"を
入手しました。

選曲、曲順もそのままに、しかし、単なるコピーでは
なく、彼らの解釈、表現で敬意を持って先人たちに
挑戦した興味深いアルバムです。

e0103024_0255830.jpg

アルバム、"Kenny Baker Plays Bill Monroe"
では、ケニー・ベイカーがジョー・スチュアートの
強烈なリズム・ギター、ヴィック・ジョーダンとボブ・
ブラックの華麗なバンジョー、ブルーグラス・ボーイ、
ランディー・デイヴィスのベース、スペシャル・ゲスト
の御大、ビル・モンローのマンドリンと共に完璧な
ブルーグラス・フィドルを聞かせます。

そして、新譜、"Noam Pikelny Plays Kenny
Baker Plays Bill Monroe"では、主役、ノーム・
ピケルニーの自由自在のメロディック・バンジョーに、
フィドルの最高峰、スチュアート・ダンカン、ブルー
グラスの申し子、ロニー・マッコーリー、スーパー・
ギタリストのブライアン・サットン、そして、ソリッド
なベースを披露するマイク・バブが絡みます。

こうして二枚のアルバムを聴き比べると、改めて
ケニー・ベイカーの素晴らしさと、ビル・モンロー
の偉大さが浮き彫りになりました。

音の数やテクニックだけではない、息や勢いの
大切さを感じます。

とても勉強になる二枚のアルバムです。
by kazalisaleo | 2013-11-19 00:28 | ひとり言 | Comments(0)

歌い甲斐のある名曲

本日のアビリーンでのカントリー・ソング
講座には多数、ご参加いただきました。

e0103024_111256.jpg

"Me And Bobby McGee"と"Crazy"、
どちらも歌い甲斐のある名曲です。

次回のアビリーン・カントリー・ソング
講座は、12月22日(日)です。

どうぞ、お楽しみに。
by kazalisaleo | 2013-11-18 01:02 | ひとり言 | Comments(0)

名曲二曲

明日、11月17日は、石橋のカントリー・ライヴ
ハウス、アビリーンでの第18回目のカントリー・
ソング講座が開かれます。

e0103024_10223128.jpg

課題曲はカントリーの流れを変えたと言われる
クリス・クリストファーソンの秀作、"Me And
Bobby McGee"と、アウトロー・カントリーの
元祖、ウイリー・ネルソンの作曲家としての
デビュー・ソング、"Crazy"を皆さんで歌います。

偶然ですが、クリス・クリストファーソンとウイリー・
ネルソンは大の親友同士。

彼らの名曲二曲です。
by kazalisaleo | 2013-11-16 10:23 | ひとり言 | Comments(0)

几帳面

脱ぎっぱなし、出しっぱなし、やりっぱなしの
息子が唯一、几帳面な一面を見せるのは、
野球の練習や試合の前日にスパイクを丁寧
に磨き上げていることです。

e0103024_9455039.jpg

グラウンドに入ると、またすぐに汚れてしまう
のですが、綺麗なスパイクで臨みたいという
姿勢は素晴らしいと思います。

ピカピカになったスパイクと反比例するように
玄関やキッチンにはグラウンドの土を発見
する時もありますが...。
by kazalisaleo | 2013-11-16 09:45 | ひとり言 | Comments(0)

11月のゲスト出演 其の一

朝から降り出した雨も昼前には上がり、ゴール
デン・リングのフォートワースでのライヴには
多数、ご来観いただきました。

e0103024_113519.jpg

ゴールデン・リングの驚くべき集客力!

e0103024_115013.jpg

第1セットのゴールデン・リングのステージに続き、
第2セットでは私のステージでソロ弾き語りから
1曲ごとにサポート・ミュージシャンをお一人ずつ
ステージにお迎えする展開となりました。

e0103024_12672.jpg

第3セットはゴールデン・リングのお二人に私も
加わったステージをお楽しみいただきました。

ゴールデン・リングとの共演、大いに楽しかった
です。
by kazalisaleo | 2013-11-16 01:15 | ひとり言 | Comments(0)

ゲスト出演

明晩は、フォートワースでのゴールデン・リング
のライヴにゲストとしてお邪魔します。

e0103024_0424654.jpg

第2セットで約30分間ステージ、歌わせていた
だきます。

第3セットは、フィドルで参加させていただこうと
思います。

楽しいライヴになるように頑張ります。

ご興味のある方は、是非、ご来観ください!
by kazalisaleo | 2013-11-15 00:42 | ひとり言 | Comments(0)

42 世界を変えた男

今日は、息子を連れて映画、「42~世界を
変えた男」を観てきました。

第二次世界大戦終戦後、有色人種排除の
方針が確立されていたMLBで、アフリカ系
アメリカ人選手としてデビューし、有色人種
のメジャーリーグ参加の道を開いたジャッキー・
ロビンソン(1919-1972)の活躍と不屈の
精神を描いた良い映画でした。

e0103024_2025632.jpg

ゲームの場面では、実際に野球をしている
息子の方がプレイヤーの気持ちがよく解る
ようで、痛快な場面では声を出して笑って
映画を楽しんでいました。

息子には週末の日曜日、大事な試合が
予定されています。

実は、その試合に勝てるヒントがないか、
期待して連れて行きました。

さて、その効果は如何に...

P.S.劇中、どこかで聴いた旋律と歌声...
ハンク・ウイリアムズの"Move It On Over"
でした。
流石、ハンク!
by kazalisaleo | 2013-11-14 20:27 | ひとり言 | Comments(0)

誤植

ブルーグラス・ジャーナル、ムーンシャイナー誌
11月号のライヴ告知欄で、12月11日のバック
インタウンでの「稲葉和裕&マイク・コンプトン」
の詳細に誤植がありました。

第1部、第2部、各4,500円となっていますが、
入れ替え制ではありません。
ミュージック・チャージ4,500円(ご飲食別途)で
2ステージお楽しみいただけます。

ご迷惑をおかけしましたが、どうぞご了承ください。

e0103024_9593067.jpg

12月11日(水)「稲葉和裕&マイク・コンプトン」
ライヴ ①午後7時30分~ ②午後9時~
バック・イン・タウン
●都営新宿線「曙橋」A2出口より徒歩2分
東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1F
(03)3353-4655
ミュージック・チャージ 4,500円(税込)
(1ドリンク+1フード以上のご注文をお願いします)

■出演
稲葉和裕(ヴォーカル、ギター)
マイク・コンプトン(マンドリン)
近藤友宏(ベース)

ご予約・お問い合わせ
オフィス・ホワイト・オーク(0798)72-0984
バックインタウン(03)3353-4655
by kazalisaleo | 2013-11-14 10:00 | ひとり言 | Comments(0)

不可解な出来事

火曜日のロッキートップの第3セットで、各自の
持ち楽器を数回、交換して演奏してみました。

e0103024_9512311.jpg

私のギターはタロウ君→村井さん→近藤君へと
回り、村井さんのバンジョーは稲葉→タロウ君→
再び稲葉へと回り、タロウ君のマンドリンは村井
さん→稲葉→再び村井さんへと回り、ベースは
近藤君からタロウ君に回りました。

こんな感じで最終セットを終えようとしたのですが、
元の構成でというリクエストが入り、最後に一曲、
"The Last Thing On My Mind"を本来の担当
楽器で演奏しました。

すると、すべての楽器の音の出方に変化が...
それも良い方に!?

楽器の変化か、耳の変化か、弾き手の変化か、
よく分かりません。

各自、不可解な出来事を体験したライヴでした。
by kazalisaleo | 2013-11-14 09:51 | ひとり言 | Comments(3)

都心に残された洋館

NHK文化センター青山教室に講座とライヴ
で上京するようになって9年目になりました。

どこまでもビルが建ち並ぶ東京。

e0103024_22224832.jpg

ホテルニューオオタニガーデンコート(赤坂)
からの眺め...正面にはスカイツリー。

e0103024_22231945.jpg

真下には、4ヶ月間に解体作業gが終わった
赤坂プリンスホテルの跡地が見えます。

工事で荒れた敷地内にポツンとレトロな建物
が目を惹きます。
元は、旧李王家邸(1930年築)だった赤坂
プリンスホテルの旧館だそうです。

都心に取り残されたこの洋館はどうなるので
しょうか?
by kazalisaleo | 2013-11-13 22:23 | ひとり言 | Comments(0)