あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
コメントを読むのも遅かっ..
by kazalisaleo at 21:12
 今日、正月一日、午後..
by 平太 at 13:20
そうだったんですね。 ..
by kazalisaleo at 09:08
神戸市長田区で、市や..
by 平太 at 12:08
ご来観いただきまして、ど..
by kazalisaleo at 20:21
さっき、KAVCシアター..
by 甘辛しゃん at 19:08
  カントリーやブルーグ..
by 平太 at 11:21
確かに"North To..
by kazalisaleo at 21:54
20時30分ごろ放送..
by 平太 at 18:11
本当に残念でした。しかし..
by kazalisaleo at 21:55
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


静かな銀座でホットなブルーグラス

祝日の銀座は、閑散としていました。
銀座のほとんどの高級飲食店が閉店して
いました。

静かな銀座でホットなブルーグラス_e0103024_23493276.jpg

今年、開店40周年を迎えるロッキートップ
でのブルーグラス・バディーズの初めての
祝日ライヴは、いつも熱心なファンの皆様
のお蔭で通常通り、ホットなブルーグラス
を演じることができました。

次回のブルーグラス・バディーズのライヴは、
3月10日(火)です。どうぞ、お楽しみに!

# by kazalisaleo | 2020-02-12 23:52 | ひとり言 | Comments(0)

祝日のロッキートップ

ポカポカの小春日和かと思っていると、急に
暗い雲が立ち込め、冷たい雨が降ってきました。

祝日のロッキートップ_e0103024_18223838.jpg

明日は建国記念日ですが、東京・NHK青山
教室の講座は平常どおり開講されます。

夜は、銀座・ロッキートップでブルーグラス・
バディーズのライヴです。
今回も素晴らしいバディーズと濃いブルー
グラスをたっぷり演奏しますので、どうぞ、
ご来観ください!
たっぷり歌う一日になりそうです。

祝日のロッキートップ_e0103024_18212319.jpg

2月11日(・火)「稲葉和裕&ブルーグラス・バディーズ」

ライヴ ①午後7時20分~ ②午後9時~(各60分ステージ)

銀座・ロッキートップ
●地下鉄銀座線「銀座」駅A2出口徒歩3分
●地下鉄丸の内線「銀座」駅1C4出口徒歩5分
●地下鉄大江戸線「汐留」駅出口③徒歩8分
●JR線「新橋」駅-銀座口徒歩6分
●JR線「有楽町」駅-中央口徒歩7分
東京都中央区銀座7-8-19
(03)3571-1955

ライヴ・チャージ 2,700円[ご予約推奨]
(テーブル・チャージ320円が加算されます。)

■出演
稲葉和裕&ブルーグラス・バディーズ
稲葉和裕(ヴォーカル、ギター)
村井振一(バンジョー)
加藤保久(マンドリン)
近藤友宏(ベース)

★ブルーグラスの老舗ライヴハウスで繰り
広げられる稲葉和裕のブルーグラスの世界。
東京で活躍するブルーグラス・ミュージシャン
との共演をお楽しみください。

お問い合わせ ロッキートップ(03)3571-1955
# by kazalisaleo | 2020-02-10 18:24 | ひとり言 | Comments(0)

バンジョーの練習

次回のブルーグラス・ランブル、3月14日(土)は、
どうやら私がバンジョーを弾くことになりそうです。

当日は、ランディー・コットンが大学の卒業式に
列席しなければならないので欠場となります。

バンジョーの練習_e0103024_22391604.jpg

久し振りにバンジョーを引っ張り出して、弾いて
みました。

ポイントとなる右手のコントロールがうまく働く
ように徐々に練習していきたいと思います。

ブルーグラス・ランブルで過去、バンジョーで数曲
弾いたことは何度かありますが、2セットをフルで
バンジョーを弾くことになると、188回目のライヴ
にして「初」ということになります!

さて、どうなるでしょうか....?

# by kazalisaleo | 2020-02-08 22:44 | ひとり言 | Comments(0)

アウトロー・カントリー

6月14日(日)に神戸酒心館で開催されるコンサート
「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵 Vol.34」
テーマが、「アウトロー・カントリー - 偽りのない心の歌」
に決まりました。

また、ゲストには東京から素晴らしいカントリー・ギタリスト、
古橋一晃氏をお迎えします。

今回は、'70年代に台頭した型破りなカントリー「アウト
ロー・カントリー」にスポットを当て、ウイリー・ネルソン、
ジョニー・キャッシュ、マール・ハガード、ウェイロン・
ジェニングスらが築き上げた既存のスタイルに拘らない
よりパワフルなカントリーの世界をお楽しみいただきます。


アウトロー・カントリー_e0103024_17594400.jpg

6月14日()「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵 Vol.34」
 ~アウトロー・カントリー~ 偽りのない心の歌


開場 午後2時30分 開演 午後3時

神戸酒心館ホール

●阪神電車「石屋川」駅下車、石屋川沿いに南へ徒歩8分
●阪神電車「御影」下車、タクシーで約5分
●JR「六甲道」下車、タクシーで約5分
●国道43号線「東明」交差点のやや東側(60台収容駐車場有)
神戸市東灘区御影塚町1-8-17
(078)841-1121

チケット 前売 3,500円
[税込・全席自由・利き酒付]
(当日 4,000円)

■出演
稲葉和裕&レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド
稲葉和裕(ヴォーカル、ギター)
石平祐二(ベース)メンバー他調整中!
ゲスト:古橋一晃(ギター、ハーモニカ)

アウトロー・カントリー_e0103024_18000313.jpg

★神戸の地酒と灘の文化蔵として有名な神戸
酒心館ホールでの酒蔵コンサート・シリーズ。
木造の旧酒蔵を修復して作られた木造りの多
目的ホールで、アコースティックなサウンドで
繰り広げられる名曲の数々をお楽しみください。

演奏予定曲:
「フォルサム・プリズン・ブルーズ」、「ママ・トライド」
「オン・ザ・ロード・アゲイン」、「ミー・アンド・ボビー・
マッギー」、「シング・ミー・バック・ホーム」、「ミスター・
ボージャングルズ」他

主催 神戸酒心館

お問い合わせ 
オフィス・ホワイト・オーク (0798)72-0984
神戸酒心館 (078)841-1121


# by kazalisaleo | 2020-02-07 18:01 | ひとり言 | Comments(0)

行方不明のCD 発見!

長く行方不明になっていたCD、"Ralph Stanley
LIVE IN JAPAN"が見つかりました。

再購入も考えていた矢先でしたが、CDラックの
奥の方に収納されていました。
単に見落としていたのでしょう。

行方不明のCD 発見!_e0103024_19564859.jpg

悲運にも30歳で命を奪われたロイ・リー・センターズ
(1944-1974)のヴォーカルが渋く光ります。
1971年5月の録音ですから、ロイ・リーが27歳、
希望に満ち、堂々としたカーター・スタンレーを
彷彿とさせるリード・ヴォーカルを聴かせてくれます。

ラルフ・スタンレーのバンジョーとテナー、カーリー・
レイ・クラインのフィドル、ジャック・クックのベース
とハーモニー・ヴォーカルという鉄板の二枚組を
久し振りに聴いて感激しています。

# by kazalisaleo | 2020-02-04 19:56 | ひとり言 | Comments(0)

クライング・アンクル 4月来日!

4月にカリフォルニアから若手スーパーピッカーズ、
クライング・アンクルが来日します。

クライング・アンクル 4月来日!_e0103024_10303787.jpg

日本各地でライヴが開催されると思いますが、
関西では現在、下記のような日程が決定して
います。

4月6日(月)京都・ホンキートンク
4月7日(火)西宮・フォートワース
4月8日(水)大阪・5th Street
(詳細未定)

クライング・アンクル 4月来日!_e0103024_10310245.jpg

是非、驚きに来てください!

# by kazalisaleo | 2020-02-04 10:26 | ひとり言 | Comments(0)

レフトアローン閉店

芦屋で41年間ジャズのライヴハウス/レスト
ランとして営業された老舗、レフトアローンが
本年1月31日で閉店されました。

レフトアローン閉店_e0103024_22545374.jpg

2010年から2013年の間、稲葉和裕トリオや
デュオなどでお世話になりました。
広東料理もとても美味しかったです。

とても寂しいニュースでした。

# by kazalisaleo | 2020-02-02 22:55 | ひとり言 | Comments(0)

ハリーとデイジー

先住犬、ハリー(6歳半)も連れて散歩に
出ると、デイジー(2歳)が落ち着かず
早足で歩きます。

ハリーとデイジー_e0103024_12130990.jpg

若いデイジーの後について歩くハリー
の姿が可愛く、愛らしいです。

# by kazalisaleo | 2020-02-02 12:13 | ひとり言 | Comments(0)

レコード

スタットラー・ブラザーズのアルバムの中でも
最も好きかもしれないアルバム、"Entertainers
....On And Off The Record"をステレオ・
プレイヤーで聴いています。

レコード_e0103024_12031410.jpg

CD化されている曲もありますが、レコードに
針を落さないと聴けない曲を楽しんでいます。

あっと言う間にA面とB面を聴き終えました。

# by kazalisaleo | 2020-02-02 12:04 | ひとり言 | Comments(0)

カメラ目線

暖冬のせいか、今日ぐらいの気温で寒く
感じてしまいます。

デイジーを連れて北山ダム周辺を1時間
近く散歩すると、身体はポカポカになり
ますが、顔面は冷たいままでした。

カメラ目線_e0103024_22411124.jpg

最近は、デイジーもセルフィー(自撮り)に
慣れたのか、上手くカメラ目線で写真に
収まるようになりました。

# by kazalisaleo | 2020-02-01 22:41 | ひとり言 | Comments(0)