あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
  カントリーやブルーグ..
by 平太 at 11:21
確かに"North To..
by kazalisaleo at 21:54
20時30分ごろ放送..
by 平太 at 18:11
本当に残念でした。しかし..
by kazalisaleo at 21:55
15年前の番組開始当時は..
by kazalisaleo at 21:53
ザンネン! あと一歩だ..
by 甘辛しゃん at 12:56
先日、ミュージック・ジャ..
by nishikawa at 16:48
本日の予定されていました..
by kazalisaleo at 12:24
8-1(7回コールド)で..
by kazalisaleo at 15:20
あのエルヴィス・プレス..
by 平太 at 20:59
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


祈 ご快復 - ジェシー・マックレイノルズ

今年の6月にナッシュヴィルを訪れた際、マイク・
スコット宅でのジャム・パーティーに参加いただ
いたレジェンド、ジェシー・マックレイノルズが
先週末のグランド・オール・オープリーの設立
誕生際に出演予定されていましたが、体調が
思わしくないということで出演がキャンセルと
なりました。

e0103024_10071909.jpg

90歳という年齢で未だ現役で活躍されている
ジェシーさん。

ご快復をお祈りしたいと思います。

# by kazalisaleo | 2019-10-07 10:08 | ひとり言 | Comments(0)

秋晴れの日曜日

清々しい秋晴れの日曜日の朝から滋賀の
比叡山高校で練習試合が行われました。

e0103024_22052522.jpg

第一試合は2-15で大敗を喫しましたが、
第二試合は11-7で京都国際が勝利しました。

練習試合は、勝敗よりも真剣勝において
実力の確認や今後の課題を見極める好機と
なります。

このような練習試合が、11月末まで多く
組まれています。

# by kazalisaleo | 2019-10-06 22:05 | ひとり言 | Comments(0)

「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵 Vol.33」

今回で33回目を迎える神戸酒心館でのコンサート
は、ジャンルを超えてヒットしたカントリー・ソングを
特集します。
超有名になったカントリー・ソングで構成されます。

ゲストには、素晴らしいジャズ・ピアニスト、石川
武司氏をお迎えして、久し振りのコラボレーション
も大いに楽しみです。
どうぞ、お見逃しなきように!

前売券は、どうぞ、オフィス・ホワイト・オークまで
ご連絡ください。

Tel & Fax (0798)72-0984
E-mail:
info@officewhiteoak.com

e0103024_07583026.jpg


10月20日()「アメリカン・ミュージック・ジャーニー in 酒蔵 Vol.33」
 ~ ジャンルを超えたカントリー・クロスオーバー・ヒット名曲集 ~

開場 午後2時30分 開演 午後3時

神戸酒心館ホール
●阪神電車「石屋川」駅下車、石屋川沿いに南へ徒歩8分
●阪神電車「御影」下車、タクシーで約5分
●JR「六甲道」下車、タクシーで約5分
●国道43号線「東明」交差点のやや東側(60台収容駐車場有)
神戸市東灘区御影塚町1-8-17
(078)841-1121

チケット前売 3,500円[税込・全席自由・利き酒付]
(当日 4,000円)

■出演
稲葉和裕&レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド
稲葉和裕(ヴォーカル、ギター)
蔦川 元(フィドル、マンドリン、ドブロ・ギター)
石平祐二(ベース)

ゲスト:石川武司(ピアノ)

★神戸の地酒と灘の文化蔵として有名な神戸酒心館
ホールでの酒蔵コンサート・シリーズ。
木造の旧酒蔵を修復して作られた木造りの多目的
ホールで、アコースティックなサウンドで繰り広げ
られる名曲の数々をお楽しみください。

石川武司プロフィール
ジャズ、フュージョン、ラテンとジャンルを問わない
スタイルで関西を中心に活動するピアニスト。
「第8回なにわジャズ大賞」を受賞。

■演奏予定曲
「テネシー・ワルツ」、「リリース・ミー」、「愛さずにはいられない」
「コールド、コールド・ハート」ほか

主催 神戸酒心館

お問い合わせ オフィス・ホワイト・オーク (0798)72-0984
神戸酒心館 (078)841-1121





# by kazalisaleo | 2019-10-05 08:03 | ひとり言 | Comments(0)

仕上げの行程

昨日は、現在、製作していただいている
Golden Ring D-18モデルの仕上げの
行程に立ち合わせていただきました。

e0103024_07435826.jpg
e0103024_07441450.jpg

味のあるサンバースト仕様で、完成がとても
楽しみです。

完成まであと少し...最終仕上げ、弦を張って、
音を出すのが待ち遠しいです!

# by kazalisaleo | 2019-10-05 07:49 | ひとり言 | Comments(0)

コスモス

朝夕の気温が低くなり、デイジーの散歩
が大分、楽になってきました。

e0103024_23082310.jpg

近頃は、しばしば北山ダムや北山国有林
へも足を延ばすようになりました。

北山ダムでは、コスモスが綺麗に咲いています。

# by kazalisaleo | 2019-10-01 23:08 | ひとり言 | Comments(0)

ホテル・ムンバイ

先週末に封切られた映画「ホテル・ムンバイ」
を観てきました。

e0103024_18561922.jpg

実際に2008年、テロリストによって襲われた
五ツ星ホテルでの惨事と奇跡の脱出が描か
れた映画で、怖い、怖い!

命を張ってでも客とホテルを守り抜こうとした
従業員たちの強い意志に感銘を受けました。

もうこれ以上、こんな悲劇が起きないことを
切に願います。

# by kazalisaleo | 2019-09-30 18:56 | ひとり言 | Comments(0)

神戸ホンキー・トンク

昨夜は、久し振りに神戸・ホンキートンク
へビッチズ・ブリューを観てきました。

e0103024_20382822.jpg

マーフ・マーフィー夫妻と彼らの友人とで
神戸のブルーグラス老舗ライヴハウスで
楽しい一時を過ごしました。

e0103024_20384884.jpg

バンド・リーダーの平井さんは、IBMA参加
渡米中のため不在でした。

# by kazalisaleo | 2019-09-29 20:27 | ひとり言 | Comments(0)

一喜一憂

今日は、高校野球秋季大会の京都大会 準々決勝
が西京極・わかさスタジアムで開催されました
ので、応援してきました。

e0103024_17594835.jpg

1回表に京都外大西に1点を先制されましたが、
3回裏に京都国際が1点を返し同点に。
その後、無得点のまま試合が続きました。

試合が動いたのは、8回裏に京都国際が5点を
追加して、6-1とリードして9回表を迎えました。

5点差で勝てると思っていたのも束の間、9回表
に京都外大西の猛反撃で一挙8点を失い、6-9に
ひっくり返されました。

9回裏もヒットを繋げて粘りましたが、得点には
至らず、逆転負けを喫しました。

これで京都国際は今年の公式試合をすべて終え、
秋の練習試合に入っていきます。

秋から冬にかけての厳しい鍛錬で来年春の復活
を楽しみにしたいと思います。

まさに、一喜一憂の一日でした。

# by kazalisaleo | 2019-09-28 17:59 | ひとり言 | Comments(0)

The Aragon Mill

2000年9月から継続しているコープこうべ
カルチャーでのカントリー・ソング講座で、
今日はフォーク・シンガーのサイ・カーン作曲
の"The Aragon Mill"を課題曲として皆さん
と歌いました。

e0103024_00092735.jpg

ジョージア州アラゴンに実在した紡績工場の
閉鎖がテーマとなった渋く、悲しい歌です。

参考音源は、作曲者本人のサイ・カーンは
もちろんのこと、ヘイゼル・ディケンズ、チャー
ルズ・ソウテル、レッド・クレイ・ランブラーズ
など懐かしいアーティストたちの音源に聴き
入ってしまいました。

# by kazalisaleo | 2019-09-28 00:05 | ひとり言 | Comments(0)

祝 ビル・エマーソンIBMA殿堂入り

今週は、ノース・キャロライナ州ローリーでIBMA
のブルーグラスの祭典が開催されています。

本日、開催されたアワード・ショーをパソコンで
観賞して、個人的に印象深かったのは、バンジョー
の巨匠、ソニー・オズボーンが、今年、IBMA殿堂
入りを果たした華麗なバンジョー奏者、ビル・エマ
ーソンを紹介し、お互いがブルーグラス界で貢献
してきたことを称え合った場面でした。

e0103024_23553398.jpg

ソニー・オズボーン(写真右・1937年生まれ)も
ビル・エマーソン(写真左・1938年生まれ)も
今年81歳の同い年のようです。

ビル・エマーソンは、カントリー・ジェントルメン
創立メンバーで、'70年代に同バンドで来日した
経験もあります。
ジミー・マーティン、クリフ・ウォルドロン、US
ネイヴィー・バンドなどで活躍されました。

# by kazalisaleo | 2019-09-27 23:57 | ひとり言 | Comments(0)