あるブルーグラス・シンガーのひとり言
by kazalisaleo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
ひとり言
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
最新のコメント
少年と犬と。 まとめて ..
by アララギ at 00:36
有難うございます。 デ..
by kazalisaleo at 17:31
平太さん、いつも番組をご..
by kazalisaleo at 17:30
一年の最終月には、クリス..
by 平太 at 02:24
寝顔 可愛すぎなり。
by アララギ at 00:19
今年のゲイラックス・フィ..
by kazalisaleo at 22:41
いつも番組をお聴きいただ..
by kazalisaleo at 23:05
カントリー、ブルーグラス..
by 平太 at 23:19
メッセージ、どうも有難う..
by kazalisaleo at 06:58
お誕生日おめでとうござい..
by けんつく at 06:50
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


無事終了

まだまだ先のことと思っていた「カントリー・
ジュビリー2007」が、本日無事終了しました。

珍しく当日券でお越しいただいたお客様が
多くおられました。
いずれにしても、しっとりとした楽しい
コンサートになりました。
ご来観いただきました皆様、どうも、有難う
ございました。

e0103024_2282039.jpg

今宵、心地よい疲労感とひどい睡魔に襲われ
ながら、最後の力を振り絞り、パソコンに
向っています。

今夜は早い目に眠ろうと思います。
余韻を楽しみながら...
# by kazalisaleo | 2007-02-11 22:16 | ひとり言 | Comments(4)

コンサート前夜

さあ、いよいよ、明日、2月11日(日)は八尾
プリズムホールで「カントリー・ジュビリー2007」
が開催されます。

7~8年ぶりのプリズムホールでのコンサート、
楽しみです。

地元八尾が誇るマンドリン奏者、大西一由氏、
バンジョーとピアノに吉田さとし氏、そして、
蔦川元氏(フィドル)と石平祐二氏(ベース)と
以前と同じメンバーで演奏できるのも嬉しい
ことです。

e0103024_22314667.jpg

今夜は、明日の演奏曲の最終チェックや書類
作りに追われて、いつもと同じような気ぜわしい
コンサート前日の夜を過ごしています。

気持ちをこめて歌いたいと思います。

是非、ご来観ください。
# by kazalisaleo | 2007-02-10 22:35 | ひとり言 | Comments(0)

悪魔の箱

今朝、久し振りにケースからフィドルを出して弾きました。

今夜のフォートワースでのライヴのウォーミングアップ
もかねて....

フィドル、難しい楽器だなと思います。
でも、弾くのが楽しい楽器です。
フィドルは、俗に「悪魔の箱」とも呼ばれていました。
人々の心に忍び込んだり、喜怒哀楽を表現する楽器
なのでしょう。

e0103024_1132644.jpg

関西では昨夜から久し振りの雨模様。

2年前のクリスマス・コンサート・ツアーに来日した
バンジョー奏者、ブッチ・ロビンス氏からメールが入り、
(アメリカの)テレビのニュースで大阪の最高気温が
華氏55度(摂氏13度)で春の陽気になっていると
報じられているとのこと。

ヴァージニアでは気温も低く、冷たい風が吹いている
ようで、「春よ、早く来い!」と寒がりのブッチから
メッセージが届きました。
# by kazalisaleo | 2007-02-09 11:46 | ひとり言 | Comments(2)

もう春!

ふと庭の白梅に目をやると、つぼみがほころび
開花していました。
山の木々が春をいち早く感じさせてくれます。

e0103024_1142384.jpg

日曜日のプリズムホールでのコンサートが
近づきました。
皆さんに春を感じていただけるコンサートに
なればと思います。
# by kazalisaleo | 2007-02-08 11:09 | ひとり言 | Comments(0)

もう春?

2月というのにこの暖かさ....

予想以上の暖冬に、今日、小さな虫まで発見
しました。

e0103024_13232761.jpg

午後の暖かい陽をうけて、日向ぼっこを楽しむ
メリッサ。

これは甘える時と、怒られる時にとるポーズ。
「露な姿で失礼します。」(メリッサ談)
# by kazalisaleo | 2007-02-06 13:26 | ひとり言 | Comments(2)

映画の春

本年度アカデミー賞名誉賞を受賞した巨匠、
故ロバート・アルトマン監督最新作、「今宵、
フィッツジェラルド劇場で
」(A Prairie Home
Companion)が3月上旬に公開されるそうです。

ストーリーは、全米で30年以上に亘って多く
のリスナーを抱えたアメリカを代表するラジオ
番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」
最後のオンエアの一夜における出演者の人生
模様をちょっぴり辛口なウィットと粋なユーモア
で包んだ別れと再生の物語だそうです。

e0103024_254319.jpg

ブルーグラスやトラディショナル・カントリー
を豪華キャストが吹き替えなして挑戦している
ということです。

メリル・ストリープ主演、ケビン・クライン、
ヴァージニア・マドセン、トミー・リー・ジョーンズ、
リンジー・ローハン、ウディ・ハレルソンと
豪華な顔ぶれ。

'40年代からカントリー・ミュージックがグランド・
オール・オープリーのラジオ放送を通して全米に
広まっていったように、ラジオがアメリカ文化に
大きな影響を与えたことを物語る映画。

「オー・ブラザー!」、「レイ」、「ウォーク・ザ・
ライン」に続いてカントリー系の音楽映画、今から
楽しみです。

もちろん、「0(ゼロ)からの風」もお忘れなく....
# by kazalisaleo | 2007-02-03 02:08 | ひとり言 | Comments(8)

けもの道

今日のメリッサとの散歩は歩道を離れて、
小川を渡って北山の原生林の中へ進入
してみました。

夜中イノシシが通るルートなのでしょう、
あちこちにイノシシが掘った穴ぼこがあり
ます。
来た道を忘れないように時折振り返り
ながら、今まで行ったことのないところ
まで登りました。

e0103024_1339675.jpg

所々に広い空間はあるものの人の気配
は全くなく、鳥がやぶで出す音にも恐怖
心を覚えるほどです。

メリッサは、興味津々、森の中へ消えたり
現れたり、伸び伸びと走り回っていました。
# by kazalisaleo | 2007-02-02 13:40 | ひとり言 | Comments(2)

眺望

アメリカン・ソングやカントリー・ソングの
文化講座の教室からの眺めが良い場合
があります。

今日は、大阪駅前第4ビルの地上23階
の教室での講座でした。

e0103024_23343024.jpg

年々様相を変える都心のビルの群像、
大阪北部の山々、時折行き交う飛行機
に目をやりながら歌います。
穏やかな午後の眺めでした。

明日は、りんくうで海を眺めて歌います。
# by kazalisaleo | 2007-01-30 23:37 | ひとり言 | Comments(0)

冬日和

春のような陽射しの今日、ふらっと神呪寺
に寄ってみました。

e0103024_12334982.jpg

たくさんの小さな石仏が並んでいますが、
それぞれ形や表情が違います。
右手を頬にそえて、気持ち良さそうに
うたた寝をしているような仏さまをカメラ
に収めました。

皆さん、どうぞ、良い一週間をお過ごし
ください。
# by kazalisaleo | 2007-01-29 12:38 | ひとり言 | Comments(0)

8年前の発想

ブルーグラス・ランブルというブルーグラスの
ライヴ・コンサートを始めて8年という歳月が
流れました。

ナッシュヴィルのブルーグラスのライヴハウス、
ステーション・インのように気軽に良質のブルー
グラス・ミュージックを聴くことができる環境を
作りたいと思いました。
そして、混ぜ物なしで純粋にブルーグラス・
ミュージックを追求していけるバンドを作りた
かったのです。

e0103024_22522727.jpg

「一般の人にはブルーグラスは楽しめない」、
「ブルーグラスは、どの曲を聞いてもみんな
同じに聞こえる」という意見を一掃したかった
のかもしれません。

まだまだ力不足ですが、これからも楽しみ
ながら地道に頑張っていきたいと思います。
# by kazalisaleo | 2007-01-28 22:50 | ひとり言 | Comments(2)